ジウジアーロ、SONYの最新スマートウォッチ「wena 3」のヘッドをデザイン 【動画】

ジウジアーロ、SONYの最新スマートウォッチ「wena 3」のヘッドをデザイン 【動画】

wena head designed by Giugiaro Archittura

wena ヘッドデザインド by ジウジアーロ アルキテットゥーラ

あのジウジアーロがソニーのスマートウォッチをデザイン

自動車分野のデザイナーとしてはもちろん、工業デザイナーとしても辣腕を振るっているファブリッチオ・ジウジアーロが、ソニーのスマートウォッチ「wena 3」のヘッドデザインを担当。3月12日から販売をスタートする。

「wena 3」はソニーがリリースするスマートウォッチ「wena」の第3世代にあたり、通常のスマートウォッチが腕時計の盤面部分にシステムを搭載するのとは異なり、バンド及びバックル部分にスマートウォッチの機能をもたさせたユニークなアイテム。そのままの状態では単なるリストバンドかブレスレットにしか見えないが、縦長の大型タッチパネルをバックル部に仕込んで多彩なスマートウォッチの機能を提供する。

SONY wen 3のイメージ

Suica対応や活動ログの取得、音声認識ソフトウェア「Alexa」搭載など充実したスマートウォッチ機能はもちろん、システムすべてをバンド及びバックル部にもたせたことによって自由に時計本体(ヘッド)を選べるのが「wena 3」最大の特徴。腕時計をフォーマルな装いのひとつとして、あるいはファッションの重要なピースと考える人にとって、“いかにも”な近未来デザインが与えられたスマートウォッチを手にすることは躊躇されただろう。

「wena 3」であれば自分が愛用する腕時計のヘッドと組み合わせてスマートウォッチの利便性を享受でき、あるいはシーンによって使い分けることもできる。ソニーらしい革新性が発揮され、これまでのスマートウォッチとは一線を画するガジェットとして話題を呼んでいる。

SONY wena ヘッドデザインド by ジウジアーロ アルキテットゥーラのイメージ

シンプルかつ実用的な機構とデザインを採用

そして今回リリースされる「wena ヘッドデザインド by ジウジアーロ アルキテットゥーラ」は、これまでにも数々の腕時計をプロデュースしてきたジウジアーロが「wena 3」のヘッド部分専用にデザインしたもの。シンプルな2針とスモールセコンドのダイヤルデザインを用い、シルバーとブラックの2種類を用意。いずれもカレンダー部とリューズにジウジアーロのデザインを象徴するレッドの差し色が入り、シンプルな中にもエレガントな雰囲気を醸し出す。

また、ラグのついたリングは時計ケースと別体式になっており、これが胴とバックケースの間に挟まれる構造とすることで回転動作が可能、ハンドルを握った際に盤面を見やすいように設定できる。時計ケースの胴とラグのついたリングの間には30度傾けた場所でクリック感を出すための機構を設け、使用中の不用意な回転を防ぐとともに心地よい操作感も実現した。

「wena ヘッドデザインド by ジウジアーロ アルキテットゥーラ」は、高級時計つくりのノウハウを豊富に持ち、高い技術力を誇る協和精工が製作を手掛ける純国産時計となる。クォーツムーブメントはMIYOTA製cal.0T50、風防はサファイアガラスを採用して5気圧防水、ステンレスケースのサイズは44mmをスペックシートに掲げる。発売は3月12日からの開始され、価格は税別でシルバーが5万8000円、ブラックが5万9000円。「wena 3」本体の詳細はソニーが公開している動画を確認されたい。