K2 R&D LEON RACING、2021年GT300参戦体制発表。蒲生と菅波のコンビで王座奪還目指す

 2月8日、スーパーGT GT300クラスに参戦するK2 R&D LEON RACINGは、2021年の参戦体制を発表した。2021年も継続してブラックのメルセデスAMG GT3とブリヂストンというパッケージ、そして蒲生尚弥と菅波冬悟というコンビでチーム二度目、コンビ初のチャンピオン獲得を目指す。

 2018年に黒澤治樹と蒲生のコンビでGT300クラスのチャンピオンを獲得したK2 R&D LEON RACINGは、2019年のシーズン途中から黒澤が監督に就任し、菅波が加入。2020年のタイトルに向けて速さをみせてきたが、第4戦もてぎで優勝、第5戦富士で3位に食い込むなどタイトルを争ったものの、第7戦もてぎでは運に恵まれず、チャンピオンには届かなかった。

 迎える2021年に向けては、蒲生と菅波のコンビ、メルセデスAMG GT3にブリヂストンという盤石のパッケージを継続し、チームにとって2回目、そして蒲生と菅波のコンビでの初のチャンピオン獲得を目指す。

 そんなLEON PYRAMID AMGの2021年のカラーリングは、今季もブラックのカラーリングとなる。ピラミッドをメインスポンサーに迎え、主婦と生活社のLEON、シュテルン中央をはじめとしたブランドが2021年もスポンサードする。ただ今季はLEONのロゴに、『20th Anniversary』の文字が加えられた。LEONは2001年が創刊で、今年は記念すべき年にあたる。

「昨年は最終戦までチャンピオン争いをすることができましたが、残念ながらチャンピオンを獲得することができませんでした。今年は昨年よりさらなる活躍をできるように、チームを導いていきたいと思います」と語るのは、黒澤治樹監督。

「今年もK2 R&D LEON RACINGの目標はチャンピオン! そのためにもひとつひとつミスなく、確実にレースを戦い、強いチームにしていきます。最後になりますが、コロナ禍という困難な状況のなか、チームをサポートしていただいておりますチームオーナー、また、スポンサー各社に感謝を申し上げます」

 2014年にチームに加わり、8年目のシーズンを迎える蒲生は「今年こそはチャンピオンを獲得できるようにチーム一丸となって頑張ります。また自分自身もさらに成長できるように努力し続けていきたいと思います。応援よろしくお願い致します」とコメントした。

 また、チームメイトとなる菅波は「2021年も K2 R&D LEON RACINGの皆さまとともにレースを戦えることを大変嬉しく思います。自身のシリーズフル参戦となった昨年度は、惜しくもチャンピオンを逃してしまう形となりました。今年は昨年のリベンジを果たし、シリーズチャンピオンを獲得できるように頑張ります。1年間しっかり集中して、チームの戦力になれるよう走ります。応援よろしくお願い致します」と意気込みを語った。

 すでに実績もあり、チャンピオンを狙うに充分なパッケージと言えるK2 R&D LEON RACING。今季もライバルにとっては、脅威の存在となりそうだ。

2021年 K2 R&D LEON RACING
スーパーGT参戦概要

チーム名:K2 R&D LEON RACING
参戦クラス:スーパーGT GT300クラス
チーム代表:遠藤大介
監督:黒澤治樹
ファーストドライバー:蒲生尚弥
セカンドドライバー:菅波冬悟
車両名称:LEON PYRAMID AMG
カーナンバー:65
タイヤメーカー:ブリヂストン
メインスポンサー:PYRAMID(株式会社ピラミッド)http://www.pymd.co.jp/
スポンサー:
LEON(株式会社主婦と生活社)https://www.shufu.co.jp/
メルセデス・ベンツ中央、メルセデス・ベンツ豊洲
(株式会社シュテルン中央)http://www.stern-chuo.co.jp/
車両メンテナンス:有限会社ケーツー・アールアンドデー

2021年もコンビを組む蒲生尚弥と菅波冬悟
2021年もコンビを組む蒲生尚弥と菅波冬悟
2021年もブラックのメルセデスAMG、蒲生尚弥と菅波冬悟のコンビで挑むK2 R&D LEON RACING
2021年もブラックのメルセデスAMG、蒲生尚弥と菅波冬悟のコンビで挑むK2 R&D LEON RACING
2020年スーパーGT第8戦富士 LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/菅波冬悟)
2020年スーパーGT第8戦富士 LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/菅波冬悟)