Monster Energy、YAMAHAとタッグを組んだ60台限定のアバルト「595 モンスターエナジー・ヤマハ」を専用サイトで予約受付を開始

■「MotoGP」参戦のファクトリーマシン「YZR-M1」をオマージュ

超激辛なホットハッチであるABARTH(アバルト)の「595」シリーズに、特別な限定車が設定されました。

モンスターエナジー、ヤマハファクトリーレーシングとのコラボモデルである「595 Monster Energy Yamaha(モンスターエナジー・ヤマハ)」が、特設サイトを通じて予約受付が開始されています。

アバルト595
「595モンスターエナジー・ヤマハ」と「YZR-M1」

応募期間は、2021年2月2日から2月15日の15:00までで、応募多数の場合は抽選になります。

右ハンドルのATモード付5速シーケンシャルトランスミッション車は限定20台、右ハンドルの5速MTも限定20台、左ハンドルの5速MTも限定20台。申し込み受付は特設サイトのみとなっており、正規ディーラー店舗での受付はありません。なお、世界限定台数は2000台です。

アバルト595
「595モンスターエナジー・ヤマハ」のフロントシート

「595 モンスターエナジー・ヤマハ」は、2015年から続いているアバルトとエナジードリンクのモンスターエナジー、ヤマハファクトリーレーシングとのコラボを記念して設定された限定車。

ベースモデルは、1.4L直列4気筒ターボにより、最高出力165ps・最大トルク210PS(SPORTスイッチ使用時 : 230Nm)を発揮する「595 Pista」。この限定車は、二輪ロードレースの世界最高峰である「MotoGP」に参戦しているモンスターエナジー・ヤマハMotoGPのファクトリーマシン「YZR-M1」をオマージュしたボディカラーをはじめ、限定車ならではの特別な仕様、装備が用意されています。

エクステリアには、「Nero Scorpione(ブラック)」と「Blu Podio(ブルー)」が組み合わされた特別なビコローレ(2トーン)が採用されています。

目を惹くのは、モンスターエナジーのアイコンである「クロー(爪痕)」のボンネットステッカー、そしてボディサイドのヤマハファクトリーレーシング・ロゴ。こうしたアクセントにより、ファクトリーマシンの雰囲気が醸し出されています。

インテリアには、モンスタークローとヤマハファクトリーレーシング・ロゴが配されたブルーアクセントカラー入りの専用スポーツシートをはじめ、ブラックを基調にブルーラインが施された専用インパネ、専用フロアマットが備えられています。

アバルト595
ブラックを基調にブルーのアクセントカラーが配されている

センターコンソールには限定車専用のシリアルプレートを配置。ほかにも高性能エキゾーストシステムの「Record Monza(レコードモンツァ)」が特別装備され、ブラック塗装の専用17インチアルミホイール、ブラック仕上げのブレーキキャリパーにより、精悍に仕立てられた足まわりも見どころになっています。

「595 モンスターエナジー・ヤマハ」の価格は340万円(MT)、357万円(MTA)となっています。

コンパクトなホットハッチの中でも特別な同限定車は、2輪の愛好家からもコレクターズアイテムとしても注目を集めそうな個性派といえそうです。

アバルト595
専用17インチ 14スポーク アルミホイールと205/40R17タイヤ

(塚田 勝弘)