ウイリアムズF1、3月5日に2021年型マシン『FW43B』をお披露目へ。エンジンも始動

 ウイリアムズ・レーシングは、2021年シーズンを戦う新マシン『FW43B』を3月5日(金)に発表するとチームの公式ツイッターで明らかにした。ツイッターでは、エンジンを始動させた音も公開されている。

 ここ数年は成績が低迷し、3年連続でコンストラクターズ選手権の最下位に沈んだウイリアムズ。財政的にも厳しい状況が続き、2020年8月にはアメリカの投資会社『ドリルトン・キャピタル』へチームを売却した。

 これに伴いチーム創設者のフランク・ウイリアムズと、チーム副代表を務めてきた娘のクレアが退任し、43年間にわたるウイリアムズ家の運営が終了した。ただしチームの拠点はイギリスのグローブのままとなっている。

 2020年シーズンは2年目を迎えたジョージ・ラッセルと、ルーキーのニコラス・ラティフィを起用。ラッセルはシーズンを通して10回のQ2進出を果たすなど活躍を見せたが、コンストラクターズ選手権ではノーポイントに終わった。なおラッセルはルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスから第16戦サクヒールGPに出場した際に9位に入賞し、2ポイントを獲得している。

 そんなウイリアムズは、2021年もラッセルとラティフィのペアを継続することが決まっており、かつてチームに在籍していた元F1チャンピオンのジェンソン・バトンをシニアアドバイザーとして迎え入れた。2021年シーズンは、パフォーマンスをよりいっそう向上させて中団争いに絡みたいところだ。