新型ランドローバー ディフェンダー、2ドア「90」にBMW製V8搭載の最強モデル設定へ!

■「110」に続いてV8モデル投入、最高出力は500psか?

ランドローバーは現在、クロスオーバーSUV「ディフェンダー110」のV8搭載モデルを開発していますが、新たに2ドア「ディフェンダー90」にも同様の最強モデルが設定されることがわかりました。

ディフェンダー90_005
ランドローバー ディフェンダー 90 V8モデル 開発車両

初めてキャッチしたプロトタイプはダミーコンポーネントが多くディテールは不明ですが、特徴的な四角いクワッドエキゾーストパイプが確認できます。これは「ディフェンダー110」でも見られたもので、市販型ではより大型のリアバンパーにインサートされると予想されます。

ディフェンダー90_009
ランドローバー ディフェンダー 90 V8モデル 開発車両

エアサスペンションはアップグレードされたブレーキシステムとともに、ディフェンダーV8の「90」と「110」バージョン両方に標準装備されることが濃厚です。

現在パワートレインのラインアップは、8速ATと組み合わされる2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジン(日本導入)、3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジン+マイルドハイブリッド(欧州導入)です。

一方この強力モデルには、JLRのスーパーチャージャー付き5.0リットルユニットを採用し、最高出力500hpを発揮するという情報と、BMW製4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを採用するという情報があり、現段階で断定はできませんが、BMW製エンジン採用の可能性が高いとみています。

ディフェンダーV8モデルは2021年前半に「110」がデビューし、その数ヵ月後に「90」がワールドプレミアすると予想されます。

(APOLLO)