メルセデスAMG SL次世代型、トップグレードには800馬力の「73e」を設定か!?

■2グレード最新のプロトタイプをキャッチ! 最終デザインが徐々に明らかに

メルセデスAMGが開発中の2ドアオープンスポーツカー「SL」次世代型、最新のプロトタイプ・2グレードをカメラが同時に捉えました。

メルセデスAMG SL_003
メルセデスAMG SL 次期型プロトタイプ

メルセデスAMG本社があるドイツのアッファルターバッハ近くで撮影された最新プロトタイプは、これまでで最もカモフラージュが軽く、最終デザインが徐々に見えてきています。

メルセデスAMG SL_008
メルセデスAMG SL 次期型プロトタイプ

フロント&リアバンパーに赤いテープが貼られているプロトタイプは、円形クワッドエキゾーストパイプを装備、おそらく「SL 43」と見らます。

一方、青いテープが貼られているプロトタイプは、大きな四角いクワッドエキゾーストパイプがインサートされており、上位モデルの「SL 63」と思われます。

どちらも生産型フォールディング・ソフトトップを備えており、SL 63には垂直スロットを備えるパナメリカーナグリルのカモフラージュが確認できるほか、SL 43は、フロントバンパーの形状が露出、コーナーデザインの処理が見てとれます。

次世代型は、AMG専用モデルとして開発が進められ、「AMG GT」次世代型と同じプラットフォームを採用、シートレイアウトは2+2になると予想されています。また、現行型より遥かにスポーティで、ハンドリングと快適さの完璧なバランスが期待できるでしょう。

メルセデスAMG SL_004
メルセデスAMG SL 次期型プロトタイプ

エンジンラインアップは、エントリーレベルに最高出力400psを発揮する3.0リットルV型6気筒エンジン搭載の「AMG SL43」を配置、その上には最高出力440psを発揮する3.0リットル直列6気筒ターボエンジン搭載の「AMG SL 53」および「53e」を用意。さらに、最高出力515psを発揮する4.0リットルV型8気筒エンジン搭載の「AMG SL63」、最高出力604psを発揮するV8ツインターボ搭載の「AMG SL63S」、頂点には最高出力800psを発揮する4.0リットルV型8気筒+電気モーターを搭載する「AMG SL73e」が予想されます。

SL次世代型のワールドプレミアは、2021年後半が濃厚です。

(APOLLO)