オンオフ混合、安く乗れて遊べる125cc!新車で買えてセカンドバイクにもピッタリなオススメ125を紹介!

125ccはバイクの中で原付きの次に維持費が安い排気量。

まず車両価格も安いし、税金も年2400円、任意保険もファミリーバイク特約が使えるので250や400に比べても結構安く乗れるんです。

今回はそんな125ccの今買えるおすすめのバイクを紹介していきます!

Honda モンキー125


ホンダのロングセラーモデル、モンキーは一時生産終了しましたがモデルチェンジを経て復活!

125ならではのサイズ感と独特な可愛さから国内だけでなく海外からも絶大な人気を誇るモデルです。

とにかく遊べるバイクなので日常の足としてはもちろん、ツーリングやライトなオフロードなどでも走ることができます。

新車価格は¥370,000〜(税抜き)となっています。

SUZUKI GSX-R125


250クラスと同じくフルサイズの車体でマニュアルミッションなのがGSX-R125。

GSXはスズキのスポーツバイクに名付けられる名前ですが、非力と思われている125でも名に恥じないスポーツが楽しいフィーリング!

特に峠やサーキットなど、コーナーを攻めるというのが他のバイク以上に楽しみやすいので、初心者やスポーツライディング勉強中の方でもオススメ

新車価格は¥378,000(税抜き)となっています。
関連記事:【125オン】本気の現代125ってやっぱスゴイ!SUZUKI GSX-R125は今までの概念を覆すかっこよさ!

MUTT RS-13


こちらもフルサイズの125cc、しかもイギリスのカスタムビルダーが作った新車のバイクです。

実写を見てもとても125ccには見えない大きさと迫力があります。
このカジュアルなスタイルですが、走りの性能なども結構しっかりしていて格好だけじゃなくクオリティもしっかり高いのがマット。

同じルックスで250ccもラインナップされていて、RS-13意外にも様々なスタイルの125が発売されています。

新車価格は¥490,000(税抜き)と250クラスとほぼ変わらない値段ですが、125ならではのチープ差を全く感じさせない高級感ある125となっています。
関連記事:あなたはどっち派?マットモーターサイクルで行く125.250のキャンプツーリング vol.1

Honda CT125


昨年見事復活を遂げたのがCT125ことハンターカブ。
クロスカブに続き万能でオン・オフで遊べるカブとして知られるハンターカブは今大人気で予約殺到注だとか。

新車価格は¥400,000(税抜き)と125の平均価格。使い方次第では値段以上に楽しめるバイクだと思います。
ホンダからCT125・ハンターカブ登場!一台で通勤,通学から週末のツーリング,オフまでこなせるアクティブ125

SWM VAREZ125


イタリアのバイクメーカーSWMからも125ccのバイクがラインナップされています。
ヴァレーゼ125はフルサイズのマニュアルミッションでエンジンから足回りまで他車の125では見ないほどハイスペックな装備をまとったバイク。

ナンバーを見なければとても125には見えません。
新車価格は¥450,000(税抜き)とこのクオリティにしては安くも感じる価格帯なので、125のメインバイクをお探しの方にもオススメです。

SWM OUTLAW125


同じくSWMからスクランブラースタイルの125、アウトローもラインナップ。

スタイルはレトロ感ありますが、中身は最新というネオレトロな125ccです。

別カラーとしてACE OF SPADES 125というモデルもあります。

純正でブロックタイヤを装着しているのでオンオフ関係なく遊べるのも魅力
新車価格は¥500,000(税抜き)となっています。
関連記事:【迫力】125のスクランブラー「SWM OUTLAW125・ACE OF SPADES125」が発売決定!これからの125はこの流れ?

aprilia RX125


オンロードバイクのイメージが強いアプリリアからもフルサイズ125のオフロードバイクが発売されています。
RX125は本格装備を搭載したオフロードバイク

スタイリングも一昔前のオフロードバイクと違ってイタリアらしい洗練されたデザインです。

見た目に劣らず性能もかなり高く、激しいライディングでも十分応えてくれるバイク

新車価格は¥370,000(税抜き)と外車のオフロードバイクにしては圧倒的な安さというのも魅力です。
関連記事:【身軽】アプリリアRX125は今注目の125フルサイズオフ車!ガチすぎるくらい本気なバイクだった!

SWM RS125R


同じくイタリアのバイクメーカーSWMから本格的なオフロード125がラインナップされています。
こちらも買ってそのままオフに遊びに行けるような本気のスペックマシン

もちろんナンバー付きなのでオンロードでも走ることができます。

足がしっかりしていて結構なジャンプにも耐えられたり、ミッションがクロスしていたりとモトクロッサーさながらのハイスペック具合い

新車価格は¥510,000(税抜き)と今回一番の高額バイクですが、乗ってみると値段に納得してしまう完成度のバイクです。
関連記事:【興奮】SWM RS125R FACTORYは125の域を超えたフルサイズオフ車!最初からイイもので仕上げられた圧巻のスタイル!

125ccクラスには各社から様々なタイプのバイクがラインナップされています。
メインバイクに選ぶもよし、セカンドバイクとして遊ぶのにも125はちょうどいい排気量だと思います。

数年前から125人気は続いていますが、ブームが始まってから目新しいバイクがあまり出てこないのが現状。
それでもチラホラ新しいバイクは登場しているのでこの先更にラインナップが増えるかもしれません。

注目の125クラスで好みのバイクを見つけて乗ってみてください!