ジャガー、伝説の『Eタイプ』誕生60周年を祝し、現行『Fタイプ』に2種の特別仕様車を設定

 ジャガー伝説のスポーツカー『E-TYPE』が、今年で誕生から60周年を迎えることを記念し、その意志を受け継いで現代に登場したピュア・スポーツ『F-TYPE』をベースにした2種類の特別仕様車『F-TYPE HERITAGE 60 EDITION(Fタイプ ヘリテージ60エディション)』と『F-TYPE HERITAGE V6 EDITION(Fタイプ ヘリテージV6エディション)』が登場。2021年2月1日から受注が開始され、前者が限定6台、後者は限定30台が導入される。

 1961年にジュネーブ・モーターショーで世界初公開されたE-TYPE(Eタイプ)は、60年のときを経てなお現代に語り継がれる名車のひとつとして認知され、その優雅なスタイルや性能で今も高い人気を集めている。その功績を称え、名車EタイプのDNAを受け継ぐ『F-TYPE(Fタイプ)』の後期型に、特別なモデルが設定された。

 ジャガーの特別部隊SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)のビスポーク部門、SV Bespokeが世界限定60台を生産し、そのうち6台が日本に導入される『Fタイプ ヘリテージ60エディション』は、最上位グレードの“P575”をベースに1960年代以降使用されていなかった、Eタイプのオリジナルカラー“シャーウッドグリーン”をボディカラーに採用。

 インテリアも現行Fタイプでは設定のないキャラウェイ/エボニーのドュオトーンウィンザーレザーを用いて、ヘッドレストにはEタイプ60周年記念ロゴがエンボス加工で施された。

 また、60台分の1であることを表した“SV BESPOKE ONE OF SIXTY”と記されたプレートや、Eタイプのリヤビューミラーケーシングのデザインからインスパイアされたアルミニウムコンソールフィニッシャーなど数々の特別装備が施され、サイドベントやロアーボディスカート、ブレーキキャリパーなど各部がブラックのアクセントカラーで仕立てられている。

『F-TYPE HERITAGE 60 EDITION』のカラーは、1960年代以降使用されていなかった『E-TYPE』のオリジナル”シャーウッドグリーン”を採用した
インテリアも現行『F-TYPE』では設定のない”キャラウェイ/エボニー”のドュオトーンウィンザーレザーを用いる

■Eタイプ誕生年にちなんだ1961万円

 一方、日本市場向け特別仕様車となる『Fタイプ ヘリテージV6エディション』は、60周年の“6”にちなんで、ジャガー最後の3リッターV型6気筒ガソリン(380PS/460Nm)を搭載した“R-DYNAMIC P380”グレードをベースに選択。

 フルエクステンデッドレザーのタン・インテリア、ジャガー・エンジンが奏でるサウンドを堪能できるアクティブスポーツエキゾーストシステム、最高品質の音響を提供するMeridian(メリディアン)サラウンドサウンドオーディオシステムなど、充実の装備が採用されている。

 このFタイプ ヘリテージV6エディションのカラーはユーロンホワイト、サントリーニブラック、インダスシルバー、フィレンツェレッド、ブリティッシュレーシンググリーンの5色から選択でき、価格は1398万円(税込)に。

 そして5リッターV型8気筒ガソリン(575PS/700Nm)を搭載するFタイプ ヘリテージ60エディションは、Eタイプ誕生年の1961年にちなんで1961万円となっている。

日本市場向け特別仕様車となる『F-TYPE HERITAGE V6 EDITION』は、60周年の”6″にちなんで、ジャガー最後の3リッターV型6気筒ガソリン(380PS/460Nm)を搭載
アクティブスポーツエキゾーストシステム、最高品質の音響を提供するMeridian(メリディアン)サラウンドサウンドオーディオシステムなど、充実の装備が採用される

Jaguarウェブサイト:http://www.jaguar.co.jp
ジャガーコール(フリーダイヤル):0120-050-689
特設サイト:https://www.jaguar.co.jp/offers-and-finance/jaguar-special-cars/f-type-heritage-v6-edition.html