「クスコが展開する86&BRZ用高機能パーツに迫る!」レースシーンで生まれた本格パーツで剛性アップ&リフレッシュ

「クスコが展開する86&BRZ用高機能パーツに迫る!」レースシーンで生まれた本格パーツで剛性アップ&リフレッシュ

過酷なレースで培ったノウハウをフィードバック!

86&BRZの素材を活かすボディ補強パーツの数々

2012年のデビューと同時にパーツ開発に取り組み、86&BRZチューニングの先頭を走り続けている“クスコ”。知っての通り86でワンメイクレースやS耐、全日本ラリーにも参戦し、過酷な環境の中でパーツの性能を磨き上げているのだ。

クスコのパーツラインアップは多岐に及ぶが、なかでもオーナー達から絶大な信頼を寄せられているのがスポーツサスペンション。ストリート用の純正形状から競技専用モデルまで、なんと11タイプをラインナップしているのである。

デモカーが装着しているのは、単筒式ダンパーを採用するスポーツTN_S(28万8000円)。全長調整式やフロントキャンバー調整式ピロアッパーマウントなどを標準装備しつつ、新開発のT.N.S(ツインニードルシステム)により、サブタンク無しで伸圧各24段階の独立減衰力調整を実現。安定したレート特性で高耐久性を誇るブルースプリングは、前後8kg/mmの設定だ。


また、高性能なサスペンションの能力をフルに引き出すために欠かせないのが、しっかりとしたボディ作り。ボルトオン装着でボディ剛性を効果的に高めるパワーブレースは、フロント側が3点、リヤ側が4点の構成。デモカーにはステアリングラックの補強ステーも導入済みだ。

左右のストラットタワーを締結するストラットバーも忘れてはならない定番補強パーツ。サスペンションの剛性を高めてショックアブソーバーの正確なストロークを実現する。アルミオーバルシャフトタイプの他、カーボンシャフトなど豊富な選択肢を用意。

シートベルトキャッチ取り付け部を利用し、左右のCピラーを締結するパワーブレースリヤピラー(1万2000円)も設定。純正パーツを加工した専用のサイドガーニッシュを、別売りで用意してくれているのもうれしいポイントだ。さらに、フロア部には4点ベルトのアンカー機能を備えたリヤトランクバープラス(2万円)も装着して剛性を引き上げている。

シートレールへの装着で、キャビンの横剛性と車体のねじれ剛性を向上させるのがシートレールプラス(1万7000円)。4点式ハーネスの腰ベルトアンカー機能も備えているので、サーキット走行を気軽に楽しみたいオーナーにも最適だ。

スポーツ走行には欠かせない機械式LSDはクスコの人気製品だ。デモカーは素早いレスポンスが魅力のタイプRS・1.5ウェイサーキットスペック(11万4000円)をインストール。他にもクロスミッションやファイナルギヤなど、豊富な駆動系パーツをラインナップしている。

メンテナンスを兼ねたグレードアップにも最適なクラッチカバーとディスクのセットも用意。ディスクはスポーツ性と扱いやすさをバランスさせたカッパーミックス(5万9000円)と、耐熱性と耐久性に優れたメタルタイプ(6万3900円)の2タイプから選べる。

強化クラッチをインストールする際に合わせて導入したいのが、強化レリーズフォークと強化ピボットのセット(2万5000円)。レリーズフォークはガセットを追加して剛性アップ、強化ピボットは高強度なクロモリ鋼を採用することで、よりダイレクトなクラッチフィールが得られる。


リリース開始以来、大好評となっているパーツがドライブシャフト遮熱板(6000円)。高負荷連続走行時のマフラー発熱による左側ドライブシャフトのトラブルを最小限に抑えてくれる。装着はもちろんボルトオンだ。

仕様の異なる多数のデモカーを用意し、モータースポーツにも積極的に参戦して86&BRZのパーツ開発に取り組んでいるクスコならではのラインナップ。走りを極めたいユーザーにとっては実に頼もしい存在だ。

●問い合わせ:キャロッセ TEL:027-352-3578