アキュラ、デイトナ24時間初優勝。小林可夢偉は追い上げ一歩及ばず2位

 1月31日、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第1戦デイトナ24時間レースの決勝レースがフィニッシュを迎え、コニカミノルタ・アキュラARX-05の10号車アキュラARX-05(リッキー・テイラー/フィリペ・アルバカーキ/アレクサンダー・ロッシ/エリオ・カストロネベス組)が総合優勝を飾った。

 北米スポーツカーレースの最高峰シリーズのハイライトであると同時に、世界三大耐久レースのひとつに数えられるデイトナ24時間(ロレックス24・アット・デイトナ)。5クラス計49台が出走したレースは晴天の下、30日15時40分(日本時間31日5時40分)にスタートが切られ、序盤はキャデラック勢がトップを争う展開となった。

 小林可夢偉(アリー・キャデラック・レーシング/48号車キャデラックDPi-V.R)の活躍もみられた日没後、レース中盤に入るとここにコニカミノルタ(ウェイン・テイラー・レーシング)のアキュラが割って入り、スタートから12時間のハーフウェイを総合首位で通過する。

 スタートから15時間後、コーションからのリスタート時に4番手から2番手へ順位を上げた可夢偉が、首位を走るランガー・バン・デル・ザンデの01号車キャデラックDPi-V.R(キャデラック・チップ・ガナッシ・レーシング)に仕掛ける。

 しかし、ターン1で並んだ両車はコーナー進入時に接触。インを締められた格好となった48号車キャデラックはスピンを喫し5番手に順位を落としてしまう。

 その後、夜明けまでは比較的落ち着いたレース展開が続くが、このなかでポールシッターのウェレン・エンジニアリング・レーシングの31号車キャデラックDPi-V.Rにミッショントラブルが発生する。31号車はピット裏ガレージでの修復を余儀なくされ、マスタング・サンプリング/JDCミラー・モータースポーツの5号車キャデラックDPi-V.Rに続いて優勝争いから脱落することになった。
 
 レース開始から21時間後、可夢偉が3度目の出番を迎え2番手で10号車アキュラを猛追するなか、01号車キャデラックが右リヤタイヤをパンクさせスローダウン。これによって散らばったデブリを回収するため、コーションが導入される。
 
 このコーションで一時は3ラップダウンになっていた55号車マツダRT24-P(マツダモータースポーツ)がリードラップに復帰。さらに2番手へと浮上し、優勝争いに加わっていく。
 
 そのマツダを含め5台に絞られたトップ争いは最終盤、早めのピット戦略をとった01号車キャデラックと可夢偉駆る48号車キャデラックがアンダーカットを成功させ、10号車アキュラを逆転し、さらに55号車マツダ、マイヤー・シャンク・レーシング・ウィズ・カーブ・アガジャニアンの60号車アキュラARX-05の前へ。
 
 しかし、23時間25分を過ぎて迎えた各車最後のピットイン後は10号車アキュラがふたたび首位に立つ。これにバン・デル・ザンデ駆る01号車キャデラックが僅差で続き、チェッカーまで残り20分の時点で2台のギャップは0.2秒にまで縮まる。
 
 だが逆転優勝を狙うチップ・ガナッシ・レーシングに悪夢が。レース残り8分、01号車の右リヤタイヤがふたたびパンク。このアクシデントによって01号車は優勝はおろか、表彰台の権利をも失ってしまった。

コニカミノルタ・アキュラARX-05/アキュラARX-05
コニカミノルタ・アキュラARX-05/アキュラARX-05
アリー・キャデラック・レーシング/キャデラックDPi-V.R
アリー・キャデラック・レーシング/キャデラックDPi-V.R
マツダ・モータースポーツ/マツダRT24-P
マツダ・モータースポーツ/マツダRT24-P

■マツダは3周遅れから挽回し、3位表彰台を獲得

 最大のライバルが脱落したことで楽になった10号車アキュラは、アンカーを務めたアルバカーキが807周目にトップチェッカーを受け、2021年開幕戦のウイナーに。ホンダが北米で展開するアキュラブランド、ならびに2018年にデビューしたアキュラARX-05にデイトナでの初総合優勝をもたらすとともに、ウェイン・テイラー・レーシングはデイトナ3連覇を達成した。
 
 01号車キャデラックの脱落後、ハリー・ティクネル駆る55号車マツダが3番手から2番手に浮上したが、チェッカーまで残り5分というタイミングでストレートで突然失速してしまう。可夢偉がドライブする48号車キャデラックはこの機を逃さずポジションを上げ2番手に。両車はポジションはその後入れ替わることなく、そのままの順位でチェッカーフラッグを受けている。4位はファン・パブロ・モントーヤがアンカーを務めた60号車アキュラ、5位はパンクに泣いた01号車キャデラックだ。

 LMP2クラスでは6歳の男の子がデザインしたリバリーを採用して今戦に挑んだEraモータースポーツの18号車オレカ07・ギブソン(ドワイト・メリマン/カイル・ティリー/ライアン・ダルジエル/ポール・ループ・シャタン組)が優勝。LMP3クラスは中盤から首位を守り続けたライリー・モータースポーツの74号車リジェJS P320・ニッサン(ガー・ロビンソン/スペンサー・ピゴット/スコット・アンドリュース/オリバー・アスキュー組)が制している。

 GTDクラスは中盤以降、優勢となったウインワード・レーシングの57号車メルセデスAMG GT3(ラッセル・ワード/フィリップ・エリス/インディ・ドンティエ/マロ・エンゲル組)がライバルたちを振り切ってクラス優勝。サン・エナジー1の75号車メルセデスAMG GT3(ケニー・ハブル/ラファエル・マルシェッロ/ミカエル・グルニエ/ルカ・ストルツ組)が同クラス2位となり、メルセデスAMG勢がワン・ツー・フィニッシュを飾った。
 
 今季限りでのクラス消滅がアナウンスされたGTLMクラスで最後のデイトナウイナーとなったのは、コルベット・レーシングの3号車シボレー・コルベットC8.R(アントニオ・ガルシア/ジョーダン・テイラー/ニッキー・キャツバーグ組)だ。

 最大のライバルとなったBMWチームRLLのデイトナ3連覇を阻止し2017年以来の優勝を掴んだコルベット陣営は、レースのほとんどを3号車と4号車でリードしていたが、終盤に3号車がトラブルを抱えたことで一時はその勝利が危ぶまれた。

 しかし、スタートから22時間を過ぎた最終盤に3号車コルベットが復活。本来のスピードを取り戻し、前年ウイナーの24号車BMW M8 GTEと僚友4号車コルベットを相次いで交わしてポジションを取り戻すと、最後はチームメイトとともにワン・ツー・フィニッシュでC8型コルベットにデイトナ初勝利を届けている。

ライリー・モータースポーツ/リジェJS P320
ライリー・モータースポーツ/リジェJS P320
コルベット・レーシング/シボレー・コルベットC8.R
コルベット・レーシング/シボレー・コルベットC8.R
BMWチームRLL/BMW M8 GTE
BMWチームRLL/BMW M8 GTE
ウインワード・レーシングの57号車メルセデスAMG GT3
ウインワード・レーシングの57号車メルセデスAMG GT3
Eraモータースポーツ/オレカ07
Eraモータースポーツ/オレカ07
コニカミノルタ・アキュラARX-05/アキュラARX-05
コニカミノルタ・アキュラARX-05/アキュラARX-05
コニカミノルタ・アキュラARX-05/アキュラARX-05
コニカミノルタ・アキュラARX-05/アキュラARX-05
2021年IMSA WSCC第1戦デイトナ24時間レース 決勝暫定結果
2021年IMSA WSCC第1戦デイトナ24時間レース 決勝暫定結果(PDF)