ブリヂストン、ハイグリップスポーツタイヤ「POTENZA RE-07D」をマイナーチェンジ

ブリヂストン、ハイグリップスポーツタイヤ「POTENZA RE-07D」をマイナーチェンジ

POTENZA RE-07D

ポテンザ アールイー・ゼロナナディー

サーキットユースがメインターゲット

ブリヂストンは、サーキットでのラップタイム短縮を追求したハイグリップスポーツタイヤ「POTENZA RE-07D(ポテンザ アールイー・ゼロナナディー)」を、新たにマイナーチェンジして2月1日より発売する。発売サイズは1サイズ(205/55R16 91V)で、メーカー希望小売価格は税込み3万7400円(税抜き3万4000円)となる。

ワンメイクレース「TOYOTA GAZOO Racing 86 / BRZ Race」でも活躍中

さまざまなレース環境下においてラップタイムの短縮を目指し開発される「POTENZA RE-07D」。他の「POTENZA」製品とは異なり1サイズでの展開となる特別なタイヤだが、サーキット走行を嗜むユーザーからの支持が高いことでも知られている。

ナンバー付のレース参戦用車両・TOYOTA 86「86Racing」とSUBARU BRZ「RA Racing」を対象とした国内最大級のワンメイクレース「TOYOTA GAZOO Racing 86 / BRZ Race」において、「プロフェッショナルシリーズ」の競技規定を満たしており、同レースでも使用できるタイヤとなる。

POTENZA RE-07D

ユーザーの声を元に内部構造を最適化し、ドライ&ウェット性能を強化

今回のマイナーチェンジでは、ユーザーからフィードバックされた情報を元にタイヤの内部構造を最適化。従来製品を凌駕するドライ性能とウェット性能を手に入れた。

「POTENZA RE-07D」のオフィシャルリリースには、“サーキット走行に適したハイグリップスポーツタイヤ”と記載されているが、もちろん一般路走行でも使用できる。モータースポーツという過酷な条件下で得た知見や技術から生まれた高性能ぶりは、リアルワールドでも実感できるだろう。

【問い合わせ】

ブリヂストン お客様相談室

TEL 0120-39-2936