専用ボディカラーを含むカラフルなボディカラーが魅力の限定車「ルノー カングー パナシェ」が発売

■前後ブラックバンパーやブラックドアミラーを用意

普段使いからキャンプやスポーツなどのアクティビティまで、多様な使い方ができるMPVのルノー カングー。醸し出す雰囲気が日本車とは異なり、限定車を含めた多彩なカラーも魅力です。

ルノー カングー パナシェ
ルノー カングー パナシェのボディカラー

2021年1月25日、5色のボディカラーが設定された限定車「ルノー カングー パナシェ」が発売されました。車名の「パナシェ」はフランス語で「色彩を豊かにする」という意味で、日本の街にもっとフランスの色彩感覚で彩りを与えたい、という想いをルノー カングーで表現したそう。

特別装備されるのは、下記の専用ボディカラー(ジョンアグリュムを除く)をはじめ、ボディ同色フロントグリルブレード(ジョンアグリュムのみ:ブラックフロントグリルブレード)、ブラックフロントバンパー、ブラックリヤバンパー、ブラックドアミラーとなっています。

ボディカラーと台数は「オランジュ コロンジュ(6速AT)」が50台限定、「ルージュ ビフ(6速AT)」も50台、「ジョン アグリュム(6速AT)」も50台、「グリ アーバン(6速AT)」も50台限定です。「イヴォワール」は、6ATが100台、6MTが30台となっています。

ルノー カングー パナシェ
ルノー カングー パナシェのフロントマスク

6MTは「イヴォワール」のみで30台限定になります。

価格は6ATの「ルノー カングー パナシェ EDC」が264万7000円、6MTの「ルノー カングー パナシェ 6MT」が254万6000円。なお、ボディカラーが「イヴォワール」の6MTのみ、1月25日(月)から1月31日(日)まで予約の申込みを受付け、申込みが販売台数を上回った場合は、抽選販売になります。

(塚田 勝弘)