スーパースポーツ3番勝負! 田中哲也が鈴鹿サーキットを全開アタック:メルセデスAMG GT 63 S 4マティック編 【Playback GENROQ 2020】

スーパースポーツ3番勝負! 田中哲也が鈴鹿サーキットを全開アタック:メルセデスAMG GT 63 S 4マティック編 【Playback GENROQ 2020】

Circuit Attack!! in SUZUKA

サーキットアタック in 鈴鹿サーキット

600psオーバーの“狂宴”。メルセデスAMG GT 63 S 4マティック+編

ボディの軽量化、空力性能の向上、新型ターボチャージャーの搭載など、フルモデルチェンジ並のビッグチェンジを敢行したGT-R ニスモ 2020年モデル。その進化の度合いを確かめるため、田中哲也が鈴鹿サーキットで全開アタック! 骨太なAMG GT 63 SとM5コンペティションの2台を加え、豪華な“狂宴”となった。

GT-R ニスモに続いて、AMGが独自開発した初の4ドアクーペとなるメルセデスAMG GT 63 S 4マティック+に乗り込む。639ps/900Nmという途方も無いパワーを吐き出すモンスターは意外なキャラクターを見せつけた。

メルセデスAMG GT 63 S 4マティック+の走行シーン

Mercedes-AMG GT 63 S 4MATIC+

メルセデスAMG GT 63 S 4マティック+

意外な伏兵

AMG GT 4ドアクーペのフラッグシップたるGT 63 Sを鈴鹿のピットで初めて見たとき、その迫力に圧倒された。AMGであることを誇らしげに語る巨大なパナメリカーナグリル、流麗なクーペラインを描く全長5050mmの大柄ボディ・・・そのオーラは凄まじかった。

外観だけでなく搭載される4.0リッターV8ツインターボのエンジンパワーも639ps/900Nmと強烈だ。だがその一方で気になるのは車重が2トンオーバーとヘビー級なことだ。GT 63 Sは鈴鹿でどのような走りを披露してくれるのだろうか?

コースインを終え、ゆっくり慣熟走行していると、メーター画面内に、タイヤの空気圧と温度が表示されていることに気がついた。どうやらフロントタイヤのほうが温まるのが早いようだ。

メルセデスAMG GT 63 S 4マティック+のインテリア

「AMGスピードシフトMCTのシフトアップは一瞬」

GT 63 Sには4WSの「AMGリヤアクスルステアリング」が採用されているが、その効果は如実に表れた。ヘアピンコーナーではリヤがすっと軽くスライドして、綺麗にマシンの向きを変えてくれる。そして速度の高まるスプーンコーナーではクルマの向きがスッと変わるというより、リヤがしっかりとグリップし、安定したコーナリングを楽しむことができた。

さてタイヤが温まったので全開走行だ!

まずシケインからの立ち上がりでは、4WDのトラクションの良さと900Nmというエンジントルクの凄まじさを体感した。2150kgもの重さを感じさせないほどの圧倒的な加速で、最終コーナーを全開で駆け抜けていく。AMGスピードシフトMCTのシフトアップは一瞬で行われ、ストレートでは250km/hの速度に達した。

メルセデスAMG GT 63 S 4マティック+のエンジン

「強烈なパワーによる高い車速と重さによる慣性からアンダーステアが強い」

AMGがチューニングを施したM177型4.0リッターV8ツインターボエンジンは素晴らしくパワフルでトルキーだ。レスポンスも抜群でアクセルを踏めばどこからでも反応するので、とても扱いやすくドライバビリティがよい。フルタイム4WDは立ち上がりのトラクションが素晴らしくて、パワフルなエンジンの性能をフルに発揮させてくれる。

さすがに1コーナーではブレーキング時に車重の影響が出てしまったが、安定感やブレーキ性能はとても高いレベルでまとめられている。ダンロップからデグナーまでの高速コーナーでは、その強烈なパワーによる高い車速と重さによる慣性からアンダーステアが強いのが気になった。

デグナーをクリアしてヘアピン、ここでは想像よりはるかによく曲がりトラクションの掛かりもグッド。そして鈴鹿の名物である130Rは車重ゆえにアンダーステアが出るものの、ミシュラン・パイロットスポーツ4Sを装着したフロントタイヤの接地感が高く、安定したコーナリングを披露してくれた。車重こそ重いが、エンジンパワーがもたらすストレートの速さと4WSの効果により、安定感は高いと言えるだろう。

メルセデスAMG GT 63 S 4マティック+のブレーキ

「2トン超のGT 63 Sをコントロール下におき、鈴鹿を攻めるのは不思議で楽しい体験」

特筆すべきはGT 63 Sのモニターにはラップタイムを計測する機能が装備されていたことだ。ベストタイムと走行中のタイムを比較してくれるので、まるでレース中のような気分を味わわせてくれる。これはサーキットを走るユーザーにとっては嬉しい機能だろう。先述したタイヤのマネージメントも含めてサーキットでドライバーが必要とする情報をしっかりと伝えてくれているのは素晴らしい。まさにAMGの良心と哲学を垣間見た気がした。

ちなみにタイムアタックは行わなかったが、ラップタイムは2分25秒程度を記録した。2トンオーバーの車重を考えると、これはとても高いポテンシャルと言えるだろう。

走行前は重い車重を考えると鈴鹿サーキットで本来のパフォーマンスを発揮できるのか不安だったが、それは杞憂に終わった。途方も無いパワーを安定感のあるフルタイム4WDが支え、サーキットでも安定した速さを見せつけた。2トンオーバーのGT 63 Sをコントロール下におき、鈴鹿を攻めるのはなんとも不思議で楽しい体験であった。

REPORT/田中哲也(Tetsuya TANAKA)
PHOTO/益田和久(Kazuhisa MASUDA)

【SPECIFICATIONS】

メルセデスAMG GT 63 S 4マティック+

ボディサイズ:全長5050 全幅1955 全高1445mm
ホイールベース:2950mm
車両重量:2150kg
エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:3982cc
最高出力:470kW(639ps)/5500-6500rpm
最大トルク:900Nm(91.8kgm)/2500-4500rpm
トランスミッション:9速AT
駆動方式:AWD
サスペンション:前4リンク 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:前265/40R20 後295/35R20
環境性能(WLTCモード)
燃料消費率:7.7km/L
車両本体価格:2397万円

※GENROQ 2020年 1月号の記事を再構成。記事内容及びデータはすべて発行当時のものです。