近未来のデリバリーはロボットが担う? 2月8日〜26日に実証実験を東京の佃・月島エリアで実施

近未来のデリバリーはロボットが担う? 2月8日〜26日に実証実験を東京の佃・月島エリアで実施

人の手を介さない非接触デリバリーを具現化

ZMPとENEOSホールディングス、エニキャリの3社が進める自動宅配ロボットを活用したデリバリー実証実験が、東京都中央区佃・月島エリアにおいて2021年2月8日~2月26日の間に実施すると発表した。ENEOSは2020年12月にZMP及びエニキャリと協業契約を締結しており、3社合同で自動宅配ロボットを活用したデリバリー実証実験を行うことを告知していたが、今回その試みが具現化したことになる。

実証実験を行う場所は東京都中央区佃・月島エリア。ZMP製の自動宅配ロボット「デリロ(DeliRo)」を用いて、実証実験のパートナー企業10社、10 店舗の商品を対象顧客の元へデリバリーするという内容だ。人同士の接触を介さずに、飲食店やコンビニといった複数店舗の商品を自動宅配ロボットでデリバリーする取り組みは国内初という。この実証実験により、自動宅配ロボットを活用した際の公道走行性や配送コスト、配達時間、注文フォームの簡便性といった、技術やビジネス面の課題を浮き彫りにすることが狙いとなる。

自動宅配ロボット「デリロ」

専用ウェブサイトから注文。配達時間は30分から1時間を想定

実証実験の実施期間は、2月8日から2月26日までの12時〜14時30分、17時〜19時30分。ENEOSとエニキャリが共同構築するプラットフォーム(専用ウェブサイト)を通じ、対象となる住民からの注文を受けて宅配ロボット「デリロ」等を活用した配送を行う。対象となる場所は東京都中央区佃のマンション3棟(リバーポイントタワー/シティーフロントタワー/スカイライトタワー)を予定。想定している配達時間は30分から1時間程度という。

自動宅配ロボット走行イメージ

注文可能な小売店は、磯丸水産、エン台湾タピオカ専門店、喫茶パーラー ふるさと、東京メロンパン、築地日進、のりまき屋、松屋、ミニストップポケット、焼肉スタミナ苑、ローソンの10社。自動宅配ロボットの拠点となるステーションは、東新エナジーが運営するDr.Drive月島SSに設けられる。

商品の受取

2022年の実用化を目指す

今回の実証実験での各社の役割は以下のとおりとなる。

ZMP:宅配ロボット「デリロ」システムの提供とその他のロボット運用の支援。

東新エナジー:ロボットの充電・デリバリー拠点の提供。

飲食店・小売店舗:出店、商品の販売。

エニキャリ:注文・宅配プラットフォームの構築。

ENEOS:宅配ロボット「デリロ」の保有・保管・運用及び注文・宅配プラットフォームの運営。

3社は今回の実証実験を通じて、2022年を目途に最適なシステム・ビジネス等の設計・構築を行い、安心・安全・低コストなデリバリーインフラの提供を目指すという。

デリロの主な仕様】

・寸法/重量:長さ96.2cm × 幅66.3cm × 高さ108.9cm/約120kg

・移動機能:自己位置推定による自動運転、障害物回避

・コミュニケーション機能:表情・声による周囲とのコミュニケーション

・速度:最大6km/h

安全機能:レーザーセンサーやカメラによる障害物認識と自動回避・停止、緊急停止スイッチ、カメラによる遠隔での周囲監視

・配達ボックス:1ボックス/4 ボックス/8 ボックス

・充電/稼働時間:1時間充電/4時間稼働 (利用環境・頻度等により異なる)