「全開走行好きのGRスープラ乗りは要チェック!」ボルトオンタイプの大容量ミッションオイルクーラーが登場

「全開走行好きのGRスープラ乗りは要チェック!」ボルトオンタイプの大容量ミッションオイルクーラーが登場

純正比240%アップを実現したデュアルコア仕様

ミッションオイル温度の安定化に寄与する逸品

デビューから1年以上が経過し、チューニングが本格化しつつあるGRスープラ。すでに500psオーバーまでパワーを引き上げているチューナーもいるが、そんなパワーチューンを後押しするパーツがついにデビューした。それが、ヒート傾向にあるミッションオイル温度を抑え込む“CSFミッションオイルクーラー”だ。

GRスープラは純正でミッションオイルクーラーを備えているが、サーキット走行を前提とするなら容量不足。それがチューニング車両なら尚更だ。この製品は、純正の15mmシングルコアに対し、16mmのデュアルコアを採用。さらに、段数も増やすことで純正比+240%のコア容量を実現している。

もちろん、専用設計のため車体側無加工でのインストールが可能だ。価格は8万7000円で、対応はGRスープラRZ。マイナーチェンジを受けた通称A91モデルにも対応するため、スポーツ走行を好む全RZオーナーはミッション保護の意味で導入を検討してみてはいかがだろうか。

●問い合わせ:橋本コーポレーション TEL:075-761-7351