ウイリアムズF1のアドバイザーに就任したバトン「チームは復活のため変革を遂げようとしている」

 ウイリアムズF1チームのシニアアドバイザーに就任したジェンソン・バトンは、チームの新オーナーは変革を恐れてはおらず、“素晴らしい案”を持っているとして、現在コンストラクターズ選手権で最下位のウイリアムズだが、向上に向けて楽観的な雰囲気が広がっていると明かした。

 2020年夏、ウイリアムズ家はF1史上3番目に成功したチームの所有権を、アメリカの投資会社であるドリルトン・キャピタルに譲り渡した。

 その後、ドリルトンはサイモン・ロバーツをチーム代表に任命。マクラーレンの元CEOであり、フォルクスワーゲンのモータースポーツ部門のトップを務めていたヨースト・カピートをチームのCEOに据えることも決定した。

 1月22日に古巣ウイリアムズとのシニアアドバイザー契約が発表されたバトンは、ウイリアムズを率いる人々には、ポジションを上げていくための専門知識と原動力があると語った。

「彼らは変革を恐れていない」と2009年のF1王者であるバトンは『Sky Sports F1』に語った。

「F1においては、どのチームにも、自分たちの働き方や取り組み方がある。彼らはそうした部分を変えようとしているのだと思う。F1を少しばかり変えようとしているんだ」

「チームを運営している人たちはとても経験が豊富で、素晴らしいアイデアがある。チームの中は良い雰囲気になっている」

「何度もタイトルを獲得してきたチームだ。もちろん物事は時間とともに変わっていくものだし、人は訪れては去っていく。けれどもチームの核となる部分は、今もここにある」

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

 バトンは、ウイリアムズ全体に自信が満ち溢れていると感じている。

「新たなかたちの楽観的な見方や、将来に向けての前向きな変化がたくさんある。物事はひと晩では変わらないけれど、今のところは正しい道筋をたどっているよ」

「グローブ(ファクトリー)に行って、ドライバーやスタッフたちと共に過ごすのが待ち遠しい。グランプリの週末に合流する時には、現場でも仕事に取り組むつもりだ」

 バトンは、ウイリアムズのドライバーであるジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィに加えてチームの若手ドライバーたちの指導にも関与する。またバトンは、新たな仕事の一環として、ウイリアムズの昔のF1マシンのステアリングを握る可能性もあるということだ。

「僕は今のドライバーたちだけでなく、アカデミーのドライバーとも仕事にあたっていく」とバトンは言う。

「現在のマシンで走る機会があるかといえば、それはおそらくノーだ。でも、昔のマシンに乗る機会ならあるだろうね」