【訃報】元F1ドライバーでカンポス・レーシングのオーナー、エイドリアン・カンポスが死去

 1月28日(木)、レーシングチームのカンポス・レーシングは、チームのツイッターを通じて、代表取締役でありチーム創設者のエイドリアン・カンポスが亡くなったことを発表した。

 元レーシングドライバーであるカンポスは、1987年にミナルディからF1にデビュー。信頼性の低いエンジンに苦戦し、完走はわずか1回と厳しいデビューイヤーを過ごした。翌1988年もミナルディのステアリングを握ったが、シーズン途中でピエルルイジ・マルティニと交代となった。

 その後カンポスはル・マン24時間レースなど複数のレースに出場し、ドライバー引退後にカンポス・レーシングを創設。1998年にはオープン・フォーチュナ・バイ・ニッサン(後のワールドシリーズ・バイ・ニッサン)でマルク・ジェネを、1999年にはフェルナンド・アロンソを起用。両者ともにタイトルを獲得した。なおアロンソは、その後カンポスと同じくミナルディからF1にデビューした。

 戦いの場をGP2に移したカンポス・レーシングは、2010年からF1に参戦する予定だったが、資金不足により参戦は叶わず。カンポス自身はチーム代表を辞任したが、その後チームはHRT F1チームへと体制を改め、2010年から2012年までの3シーズンを戦った。

 また、カンポス・レーシングはモータースポーツのマネジメント企業であるモナコ・インクリース・マネジメント(MIM)とともに2021年からのF1参戦を目指しているとの報道があった。しかし新型コロナウイルスのパンデミックにより、新規則の導入が2022年に延期されたことなどを受けて、参戦の計画は先送りにされたと報じられている。

 現在カンポス・レーシングはFIA-F2、FIA-F3などに参戦している。ジェネやアロンソをはじめ、これまで数多くのドライバーがカンポスでレースを戦っており、日本人では佐藤公哉(GP2/2014年)、佐藤万璃音(FIA-F2/2019年)などが在籍。また全日本スーパーフォーミュラ選手権でも活躍したアレックス・パロウも、カンポスからユーロフォーミュラ・オープン選手権やGP3、F2に出場した。

 チームの公式ツイッターでは、以下のように述べている。

「今日はカンポス・レーシングの歴史において、最も悲しい日だ。我々の代表取締役、そして創設者のエイドリアン・カンポス・スニェルが亡くなった。彼の心臓は鼓動を止めたが、彼の記憶は、彼の遺産を引き継いで我々が戦い続けるためのエンジンとなる。安らかに」