スーパーカー並みの存在感。GORDONが提案するトライクの魅力【東京オートサロン2021】

■GORDON GL1800トライク TypeL【GORDON】

皆さんはトライクという乗り物を知っていますか? ひと言でいえば3輪オートバイなのですが、道交法的には普通自動車です。そのため普通自動車免許乗車可能ですし、高速道路も走行OK、ヘルメットの装着義務もありません(※装着を推奨しますが)。路上で出会うと強烈な存在感があり、近年購入者が急速に増えているとか。

GORDON TRIKE
GORDON GL1800トライク TypeL
GORDON TRIKE
GORDON GL1800トライク TypeL

そのトライク界を代表するブランドの一つがGORDON (ゴードン)です。今回は同社の最高峰モデル、3人乗りのGL1800トライクTypeLを披露してもらいました。

GORDON TRIKE
インパネ周りは大型バイクのそれですが。
GORDON GL1800トライク TypeL
シートには縦列で3人が座れます。
GORDON TRIKE
ゴルフバッグが横に1個入るトランクを装備。

ベースとなったバイクは、車名からも分かる通りホンダのゴールドウィング。1.8Lの水平対向6気筒エンジン(最高出力126ps)を積む大型クルーザーです。

とはいえタンク以降は完全にカスタム化されており、強烈なオーラを放ちます。

またがってみると運転者が車体中央に座るので、クルマ以上に「自分が車体を操っている感」が強いのですが、自分の背後にあと2人も乗せられると思うと感動します。

正確な全幅は分かりませんでしたが、見たところ1.8m前後はありそう。完全な3ナンバーサイズです。

GORDON TRIKE
リアタイヤは245/40R20 。ホイールは好みのものが選べます。

その全幅が活かされているのがトランク。開閉が電動という点もすごいのですが、なんとゴルフバッグが入る容量を備えているとのこと。キャンプにだって出かけられるのではないかと思える広さです。ちなみに3列目シートバックの後ろにも小ぶりな収納スペースがありました。

GORDON TRIKE
強烈な存在に魅了された人はぜひ!

GORDONトライクの魅力は、いくつかのベースモデルをもとに、塗装色やシートカラー、ホイールなどが自由にチョイスできること。実際に購入されているお客様も、ワンオフモデルの感覚で自分だけの1台をオーダーされているとか。

ただし、たっぷりわがままが利くだけにプライスもゴージャス。今回持ち込まれたデモカーのお値段は1,500万円だそうです!

クルマより目立って、刺激的な乗り物が欲しいとお考えの方には、ピッタリの乗り物だと思いました。

●GORDON/GORDON GL1800トライク TypeL/ベース車両メーカー(ホンダGOLD WING)/装着パーツなど:GORDONオリジナルデザイン、FRPフルカバーボディーTypeL

(文:角田 伸幸/写真:金子 信敏・角田 伸幸)