ルノー・メガーヌR.S.、メガーヌR.S.トロフィーの改良を発表。コーナリングを快適に攻め込むための装備を充実

 ルノー・ジャポンは、モータースポーツで培ったノウハウと先進技術を反映させたメガーヌ ルノー・スポール(R.S.)と、メガーヌ ルノー・スポール(R.S.) トロフィーの一部改良を発表した。
 
 今回の改良内容は、メガーヌR.S.に300psを発生する1.8リッター直噴ターボエンジンの搭載、メガーヌ R.S.トロフィーMTにローンチコントロールの新採用、両モデルに走行モードをより細かく設定できるルノー・マルチセンスを装備するなど、走りに特化したもの。両モデルとも、2021年3月4日(木)から全国のルノー正規販売店で販売する。

 メガーヌR.S.には、今回の改良でメガーヌR.S.トロフィーと共通の最高出力300ps、最大トルク420Nmの1.8リッター直噴ターボエンジンが新たに搭載される。

 また、アクティブバルブにより排気音の音響特性を変化させるスポーツエキゾースト、滑りにくく耐久性に優れたナパレザー/アルカンタラステアリングといった、走りの質を高める装備を充実させ、ワインディングでのドライビングを今まで以上に快適にサポートする。

新型メガーヌR.S.のスポーツシート
新型メガーヌR.S.のスポーツシート
新型メガーヌR.S.の電動パーキングブレーキ
新型メガーヌR.S.の電動パーキングブレーキ

 メガーヌR.S.トロフィーには、クローズドコースでのスポーツドライビング性能を高めるため、コーナリングスピードの向上を目的にロールを抑えたシャシー、トルセンLSD、前輪アルミ製ハブ/鋳鉄製スリット入りブレーキディスクなどが採用されているが、今回の改良で、これまで6速AT(EDC)モデルのみに搭載されていたローンチコントロールがMTモデルにも採用されることになった。

新型メガーヌR.S.トロフィーのフロントスタイル
新型メガーヌR.S.トロフィーのフロントスタイル

 両モデル共通の改良内容として、運転モードや車内環境をカスタマイズできるルノー・マルチセンスを新採用。好みに応じて設定できるカスタマイズモードの『My Sense』をはじめ、『Sport』『Race』『Save』の4つのモードから運転モードを選択することができる。

 さらに、アダプティブクルーズコントロール(EDCモデルはストップ&ゴー機能付き)、アクティブ エマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)歩行者検知機能付など、先進の運転支援システムが新たに装備されている。

 車両価格はメガーヌR.S.が464万円(税込)、メガーヌR.S.トロフィーMTが494万円(税込)、メガーヌR.S.トロフィーEDCが504万円(税込)。ボディカラーは、ジョンシリウスメタリック(メガーヌR.S.トロフィー専用)、オランジュトニックメタリック(メガーヌR.S.専用)、ブランナクレメタリック、グリチタニアムメタリックの4色展開となる。

新型メガーヌR.S.トロフィーのインパネまわり
新型メガーヌR.S.トロフィーのインパネまわり
新型メガーヌR.S.トロフィーのレカロシート
新型メガーヌR.S.トロフィーのレカロシート