プジョーの人気SUV『3008/5008』が最新フェイスに。PHEVの“HYBRID4”も登場

 世界的にプジョーブランドを牽引するCセグメントSUVの人気モデル『3008』と、その7シーター版である『5008』がマイナーチェンジを受け、セイバーと呼ばれるDRL(デイタイムランニングライト)にフレームレスのグリルを備えた新世代フェイスに進化。また『3008』には、プジョーとして初のプラグインハイブリッドにして4輪駆動となる“HYBRID4”も導入され、1月27日から発売が開始されている。

 2016年のグローバル販売以来、累計80万台以上が生産されるヒットモデルとなった『3008』が、内外装ともに最新デザインコードによるリファインを受け、ADAS(先進安全支援システム)の強化や新たなパワートレインを搭載する大掛かりなモデルチェンジを受けた。

 視覚的に新世代への変化を訴えるエクステリアは、垂直に立ち上がるグリルがフレームレスとなり、ヘッドライトやバンパーと融合。電動化の未来を見据えるかのようにその存在感を薄め、ヘッドライト上を通っていたLEDデイタイムライトは、新世代プジョーのデザインコードであるセイバー(サーベルの意)を採用し、クラムシェルボンネットのサイド部にあるパーテーションラインと呼応することで、よりSUVらしいダイナミックなデザインとされた。

 フルLEDヘッドライトを採用した“GT”グレードでは、リヤフォグ点灯時に光度、角度を自動調整するフォグモードが備わり、ヘッドライトユニット内側にスタティックコーナリングライトを内蔵。リヤ側でも三条のLEDが赤く光る3D LEDリヤコンビランプを採用し、ウインカー点灯時に光が流れるシーケンシャルインジケーターも採り入れて、さらなる立体感を演出しつつ夜間ドライブの安全性をより高めている。

 一方で、引き続き“PEUGEOT i-Cockpit”を採用するインテリアは、全グレードでカラーと素材を見直した新シートを採用。あたりの柔らかさ、疲労の少なさ、快適性をさらに高めるべく、グレードによってアルカンターラ&テップレザーや、ファブリック、ナッパレザーなどの生地や色調を使い分ける。

 また全車標準となるADASは、ブランドのフラッグシップである『508』と同等レベルの最新世代にアップデートされ、アクティブセーフティブレーキは自動車、二輪車、歩行者、夜間検知に対応。渋滞時に便利なストップ&ゴー機能付きのACCや無段階調整可能なレーンポジショニングアシストなど、先進的な運転支援が提供される。

リヤ側でも三条のLEDが赤く光る3D LEDリアコンビランプを採用し、ウインカー点灯時に光が流れるシーケンシャルインジケーターに
引き続きPEUGEOT i-Cockpitを採用するインテリア。アクティブセーフティブレーキは自動車、二輪車、歩行者、夜間検知に対応する
全グレードでカラーと素材を見直した新シートを採用。あたりの柔らかさ、疲労の少なさ、快適性をさらに高めるべく、グレードによってアルカンターラ&テップレザーや、ファブリック、ナッパレザーなどの生地や色調を使い分ける

■フロント110馬力、リヤ112馬力の駆動用モーターを搭載したHYBRID4

 用意されるパワートレインは、2リッター直列4気筒BlueHDiクリーンターボディーゼル(177PS/400Nm)と、1.6リッターのPureTechガソリンターボ(180PS/250Nm)に加え、新たにプジョー初となるPHEV(プラグインハイブリッド=ガソリンエンジン+電気モーター+外部充電可能なバッテリー搭載)の4WDモデルという3機種を設定。

 初登場の『3008 GT HYBRID4』は前後にモーターを搭載したプラグインハイブリッド4WDモデルで、プジョー歴代市販モデル最強のトータル出力300PS/520Nmを発生する。

 その内容は、高回転域を伸ばしハイチューン化した200PS/300Nmの1.6リッターPureTechガソリンターボと電子制御8速ATのEAT8をベースとしたPHEV専用トランスミッション“e-EAT8”を搭載。

 フロントには110PS/320Nmの電動モーターを内蔵し、リヤにも独立した112PS/166Nmの電動モーターと13.2kWhのバッテリーを組み合わせることで、モーター駆動によって旋回をコントロールするダイナミックなドライビング体験が味わえる。

 システムにはバッテリーのみで走行できるELECTRICモードなどドライバーが任意に選べる4つのドライブモードを搭載し、すべてのモードで走行状況によりエンジンと電動モーターをシームレスに切り替えて走行。普通充電のみに対応し、200V/3kWで約5時間、200V/6kWで約2時間半で満充電となる。

 この『3008』はSUVとしてのユーティリティ性能にも秀でており、5名乗車時でもラゲッジ容量は約520リッターが確保され、6:4分割可倒式のリヤシートはワンタッチで格納が可能に。シートバックをすべて折りたためば最大約1482リッターもの大空間が出現する(PHEVを除く)。

 一方、その7シーター版たる『5008』は7座独立の多彩なアレンジを可能とし、ダイブダウン方式の3列目を畳むだけで約702リッター、2列目もすべて畳めば最大約1862リッターの大容量トランクとなる。また、両モデルともにリやバンパーの下で足を動かすと自動開閉するハンズフリー電動テールゲートも備えている。

 ボディカラーは全5色展開となり『3008』は、ガソリン、ディーゼルの各2グレードに加え『3008 GT HYBRID4』の計5グレード構成で価格は397万6000~565万円(税込)に。一方、ガソリンはGTのみ、ディーゼルはAllure(アリュール)とGTの2グレード構成となる『5008』は、460万~501万6000円(税込)となっている。

新たにプジョー初となるPHEV(プラグインハイブリッド=ガソリンエンジン+電気モーター+外部充電可能なバッテリー搭載)の4WDモデル『3008 GT HYBRID4』を導入
システムにはバッテリーのみで走行できるELECTRICモードなどドライバーが任意に選べる4つのドライブモードを搭載し、すべてのモードで走行状況によりエンジンと電動モーターをシームレスに切り替えて走行
7シーター版たる『5008』は、7座独立の多彩なアレンジを可能とし、ダイブダウン方式の3列目を畳むだけで約702リッター、すべて畳めば最大約1862リッターの大容量トランクを持つ

プジョーコール TEL:0120-840-240