みちびきに24時間対応で測位性能を向上

ストラーダのベーシックナビ「Eシリーズ」が2021年モデルへと進化。手が届きやすい価格ながらも上級機譲りの基本機能を搭載している。2月中旬より発売。

REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

問い合わせ:パナソニック
電話:0120-50-8729

■パナソニック公式サイト

ストラーダCN-E330D……オープン価格(実勢価格:5万5000円前後/税別)

 幅広いラインアップを展開するストラーダのベーシックモデル。2DINサイズボディに7型WVGAディスプレイを搭載し、実勢価格5万円台というお手頃プライスを実現している。

 優れた基本機能が特徴で自車位置測位はGPSに加えて、準天頂衛星「みちびき」の受信に24時間対応。これによりつねに正確な自車位置を地図上に表示できる。また、2021年度版地図データ収録により、新たに開通した「横浜北西線(横浜港北JCT~横浜青葉JCT)」、「阪神高速6号大和川線(鉄砲出入口~三宅西出入口)」などの表示やルート探索/案内などが可能だ。しかもルートガイド時に現れる案内標識にはピクトグラムが新たに導入され、視認性に優れた迷わせない案内としている。

都市部の主要な交差点で表示される「リアル3D交差点拡大図」。走行レーンまで確認ができる。
「ハイウェイ入口拡大図」は建物の陰などに隠れてわかりにくい都市高速の入口を知らせる。
高速道路のジャンクションを案内する「ハイウェイ分岐図」。実際の標識と同様にナンバリングも記されている。

 従来モデルより好評の親切で多彩なルートガイド表示やVICS WIDE情報受信による渋滞回避ルート探索も可能。エンタメ面にはBluetoothを備えており、愛用しているスマホに収録した曲をワイヤレスで楽しんだり、運転中でも安全に通話ができるハンズフリー機能を搭載している。

「VICS WIDE受信」に対応し、渋滞回避ルート探索が可能。案内中に効率のよい新ルートが見つかれば新旧ルートの比較表示も行う。