愛くるしい〜! 2年半を費やした超大作はヴァナゴン改VWタイプⅡルック【幻のオートサロン出展車】

ボディから内装までワンオフ
ベース車の面影は一切なし!

Walter Wolf Racing/VANAGON
ウォルターウルフレーシング/ヴァナゴン(25MV)

ウォルターウルフ レーシング ヴァナゴン カスタム レース ショップ

思いっきりデフォルメされ、漫画に出てきそうなスタイリングは一度見たら忘れられない。愛きょうのある顔つきや丸みのあるスタイリングから、往年の名車フォルクスワーゲン・タイプⅡを魔改造したのか?

そう思ったら同じフォルクスワーゲンの車両だが、1995〜97年に日本市場で販売された1BOXタイプのヴァナゴンがベースとなっている。

この車両はカナダの実業家でモータースポーツにも参戦するほどのカーマニアであるウォルター・ウルフが世界で唯一公認している企業、ウォルターウルフレーシングジャパンが製作。

同社は板金塗装やクラシックカーのレストアを得意としているが、そのノウハウを生かすために設立したカスタム部門が、試行錯誤しながら2年半の歳月をかけて完成させた。

VWタイプⅡをモチーフとしたきっかけは、アメリカのビルダーが手がけたタイプⅡのカスタムカー。それをホームページに載っている写真だけで寸法を出し、ほとんど同じ仕様を作り上げてしまった。

あくまでもベースはヴァナゴンだが、ボディはパイプでフレームを作ってから鉄板を貼り込んで溶接。シャーシも大幅に加工してホイールベースを短縮し、驚異の大きさである25インチタイヤ&ホイールをセット。

内装もイチから作り込んでいるためヴァナゴンの原型は全くない。CADなどの最先端技術に頼らず写真だけでここまで作れる、その技術力の高さをたたえたい。

ドアやエンジンフードのヒンジは、このツルンとしたフォルムの邪魔になる。そこでリモコンを使って、電動で開閉できるように加工している。
フロントマスクを開閉式にすることで運転席にアクセスできる。ちなみにライトは大きな丸目を再現するため、何と金属製のサラダボウルを加工!
外から見るとボディはかなりコンパクトな感じがするが、車内は以外と広々としている。シートやドア内張りはレザーで張り替えて質感を高めた。
シャーシはヴァナゴン純正と比べて約1m短縮。ショックアブソーバーは車重に耐えられる強化タイプ、スプリングはランドクルーザー80用を加工。

エンジンはオーバーホール済みでコンディションは良好。このあたりは自社のレストアやチューニング作業で培ったノウハウが生かされている。


「愛くるしい〜! 2年半を費やした超大作はヴァナゴン改VWタイプⅡルック【幻のオートサロン出展車】」の1枚めの画像


「愛くるしい〜! 2年半を費やした超大作はヴァナゴン改VWタイプⅡルック【幻のオートサロン出展車】」の1枚めの画像

問:ウォルターウルフレーシングジャパン 03-5655-2700
http://wolfracing-japan.com

(スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_岩田直人)