BMW M1000RR、価格は378万3000円で2月1日より予約受付を開始。2021年のSBKでもデビュー

 BMWは1月26日、『BMW M1000RR』を、国内のBMW Motorrad正規ディーラーにおいて、2月1日より予約注文の受付を開始すると発表した。また、納車は初夏を予定しているという。

 四輪車で広く親しまれているBMWのサブ・ブランド『Mモデル』だったが、BMW M1000RRの登場で二輪車で初めてMモデルが誕生した。このバイクは現行のS1000RRをベースとしており、公道から市販車最高峰の二輪レースであるスーパーバイク世界選手権(SBK)までに対応できるモデルとなっている。

BMW M1000RRを初めて駆ったマイケル・ファン・デル・マーク(BMWモトラッド・ワールドSBKチーム)
BMW M1000RRを初めて駆ったマイケル・ファン・デル・マーク(BMWモトラッド・ワールドSBKチーム)

 水冷4気筒直列エンジンを搭載しており、192kgの車重で最高出力は212馬力/14,500rpm、最大トルク113Nm/11,000rpmを発揮。サーキットで最高のパフォーマンスを発揮できるように設計されたサスペンションとエアロダイナミクスを備えている。

 サーキットでの使用を考慮して、ジオメトリーが変更されており、メインフレームにアルミニウム製ブリッジ・フレームを採用。SBKでの経験をもとに開発されたMブレーキは最大限の耐フェード性と制御性を発揮する。

 ライディングモードは『Rain』、『Road』、『Dynamic』、『Race』、『Race Pro1-3』を選択することができ、『Race Pro』モードはエンジンブレーキも調整することが可能だ。そのほか、ダイナミックトラクションコントロール(DTC)、DTCウイリー機能など電子制御も充実しており、ローンチコントロール、ピットレーンリミッターも付属する。

BMW M1000RR
BMW M1000RR

 さらに、Mコンペティション・パッケージには、Mブレーキとクラッチレバー、Mブレーキ・レバー・ガード、Mフロント・フットレスト・システム、Mエンジン・プロテクターズを含む『Mビレット・パッケージ』、Mフロント・フェンダー及びリア・フェンダー、Mサイドフェアリングアッパーセクション、Mタンクカバー、Mチェーンガード、Mスプロケット・カバーを含む『Mカーボン・パッケージ』が専用装備される。

BMW Motorrad純正『Mバイクフロアマット』/BMW M1000RR
BMW Motorrad純正『Mバイクフロアマット』/BMW M1000RR

 そんなM1000RRは2月1日よりBMW Motorrad正規ディーラーで予約注文の受付を開始し、納車は初夏を予定しているという。2月1日から4月30日までの期間に予約注文をするとMのロゴマークとデザインがあしらわれたBMW Motorrad純正『Mバイクフロアマット』がプレゼントされる。

 メーカー希望小売価格(消費税込み)は通常モデルの『M1000RR』が378万3000円、『M1000RR Mコンペティション・パッケージ』が428万円となる。

BMW M1000RR

BMW M1000RRのギャラリーはコチラ