ミツビシ、最新の四輪制御技術を搭載した新型『アウトランダー』の開発シーンを一部公開

 1月25日、三菱自動車は2021年2月の発表を予定しているクロスオーバーSUVの新型『アウトランダー』の開発シーンを、写真と動画で一部公開した。

 さまざまな気候や路面条件で開発試験を繰り返すことで、走行性能が磨き上げられた新型アウトランダー。新型モデルではこれまでのアウトランダーよりもサイズがアップされ、大胆なスタイリングと高い走破性が実現されている。

 テスト走行が行われている新型アウトランダーは、“威風堂々”という商品コンセプトのもと、ミツビシが誇る『パジェロ』や『モンテロ』から受け継がれた本格的な四輪制御技術、そして数々のラリーで培った走りのDNAが注ぎ込まれ、新型クロスオーバーSUVとして高い操縦性と走破性が追求されたという。

 開発を主導するセグメント・チーフ・ビークル・エンジニアの本多謙太郎氏は、「三菱自動車がラリーを通じて培ってきたオンロードとオフロードの走りのノウハウを、新開発のプラットフォームと当社の強みである四輪駆動制御に投入し、安全・安心の走りに磨きをかけています」と語った。

「また、路面状況にあわせて運転モードを選択することで、誰でもどこでも安心して走行頂ける、新開発のドライブモードセレクターを採用しました。走行性能を向上した新型アウトランダーに是非、ご期待ください」

 開発テストの模様は写真だけではなく、動画でも公開されている。動画は16秒と短いものだが、新型アウトランダーが砂利道や悪路でテストを行う模様が捉えられており、さらに雪道や水の上を難なく走行している様子も見ることができる。

 新型アウトランダーは、最新の車両運動統合制御システム『S-AWC(Super-All Wheel Control)』を搭載し、日本時間で2月17日午前8時にオンライン発表が予定されている。発表後はアメリカやカナダ、プエルトリコをはじめとして、順次グローバル展開が行われる計画だ。

開発テストが行われる新型『ミツビシ・アウトランダー』
開発テストが行われる新型『ミツビシ・アウトランダー』
開発テストが行われる新型『ミツビシ・アウトランダー』
開発テストが行われる新型『ミツビシ・アウトランダー』
開発テストが行われる新型『ミツビシ・アウトランダー』
開発テストが行われる新型『ミツビシ・アウトランダー』
開発テストが行われる新型『ミツビシ・アウトランダー』
開発テストが行われる新型『ミツビシ・アウトランダー』