「WRカーテイストを楽しむGRヤリス快適ストリート仕様」あえてFF+CVTのRSグレードで攻める!

「WRカーテイストを楽しむGRヤリス快適ストリート仕様」あえてFF+CVTのRSグレードで攻める!

トヨタ正規ディーラー発のファインチューンド

RSグレードで走りの楽しさを提案!

2020年の発売開始から衰えを知らない人気ぶりで、2021年の最注目チューニングベースと言えるトヨタのGRヤリス。ヤリスと聞くと、トヨタワークスラリーマシン譲りのハイパワーターボ+4WD仕様”RZ”グレードというイメージが強いが、実は1.5L・3気筒のM15Aエンジンを搭載する2WD仕様“RS”グレードもラインナップされているのだ。

そんなRSグレードにあえて注目し、通勤快速仕様で仕上げてきたのが、GTG(群馬トヨタグループ)が展開するGRガレージ高崎IC店。RSならではの軽さとCVTの組み合わせによる操作性の良さを生かして、トータルチューンで走りのパフォーマンスのアップグレードを図っている。

もちろん各パーツは全て市販品なので、ユーザーの誰もが可能なチューンというのもコンセプトのひとつだ。

エンジンはもちろんエアクリーナーなども含めてエンジンルーム内の変更点はなく、唯一のパワー系パーツとなるのがガナドール製のエキゾーストマフラーだ。車検対応でありながら、独自のP.B.Sにより6.4psのパワーアップと1.1kgmのトルクアップを実現。ヒートグラデーションが美しい112φチタンテールは、ドレスアップ効果も抜群だ。

足回りは車高調がクスコスポーツS、ブレーキはパッドをプロジェクトμタイプHC-Sに変更。スポーツ感溢れる2×7メッシュデザインのホイールはレイズのITARU020(9.5J×18+45)、タイヤにはトーヨープロクセスT1R(255/35R18)を組み合わせる。ホイールオフセットにも拘り、“ツライチ”スタイルを実現しているのもポイントだ。

エクステリアにはネクストイノベーション製のアンダースポイラーを追加。フロント、サイド、リヤアンダーの構成で、デモカーには大理石のような模様が高級感を演出する新作のコンポジットカーボンタイプを装着している。

RSグレードのインテリア。質感や装備類はトップグレードとほぼ同様で、ベースグレードにありがちなチープさを微塵も感じさせないのも魅力。ドライバーズシートは快適性とスポーツ性を両立させたレカロRCSとしている。

デモカーの仕様はあくまでも提案のひとつで、保安基準適合の範囲であればどんな要望にも応じることができるという。GTGならベース車探しからカスタマイズまで、丸ごとお任せできそうだ。

●取材協力:GRガレージ高崎IC 群馬県高崎市島野町890-22 TEL:027-353-8686