オジエを先頭にトヨタ勢がワン・ツー・スリー。タナクはWRCモンテカルロ2年連続リタイア

 WRC世界ラリー選手権開幕戦モンテカルロは1月23日、デイ3のSS9~11が行われ、ラリー・モンテカルロ通算7勝を誇るセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が総合首位に浮上。エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)、カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)が続き、最終日を前にトヨタ勢が上位ワン・ツー・スリーを占めている。

 21日に開幕したWRC第1戦モンテカルロ。競技3日目はギャップの東側エリアで3本のステージが行われ、そのスタートは前日と同様に夜明け前となった。

 路面は雪に覆われ、場所によってはアイスバーンとなっている難しいコンディションのなか、この日のオープニングでは“モンテマイスター”ことオジエが、SS2番手につけたエバンスに17秒差をつける圧巻の走りで今大会5度目のステージ優勝を飾る。

 また、オジエはこの段階で総合2番手から首位に再浮上。前日のパンクで失ったポジションを取り戻してみせた。
 
 しかし、続くSS10はよりアイスバーンの箇所が増え、他車によって磨かれた氷上は後方スタートとなった前年王者にとって不利な条件に。ペースダウンを余儀なくされたオジエは、このステージを制したティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)から42.2秒の遅れをとることになった。
 
 また、デイ2を首位で終え3日目も僚友に次ぐ2番手につけていたエバンスはより厳しいコンディション下でのラリーを強いられ、SS10だけで46秒を失う。

「2本目のステージは路面がツルツルに磨かれて滑りやすく、スタート順が後方の選手は充分なグリップを得られなかったと思う」と、このステージをふり返ったエバンス。

「また、ヘアピンでエンジンが少しストールしてタイムを失ったが、それでもセブ(セバスチャン・オジエ)と同じようなタイムだった」

 このように語ったエバンスだったが、チームメイトとともにこのステージまでに充分なリードを築いていたため、首位と2番手の位置を守ることに成功する。サービス明けのSS11ではエバンス、オジエ、さらにロバンペラが僚友たちに続き、トヨタ勢がステージワン・ツー・スリー・フィニッシュを達成。総合でもオジエが首位、13秒差の2番手にエバンス、ロバンペラが3番手となり同陣営がラリー最終日を前に表彰台圏内を独占している。

エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)
SS10で2番手タイムを記録したピエール・ルイ・ルーベ(ヒュンダイi20クーペWRC)
SS10で2番手タイムを記録したピエール・ルイ・ルーベ(ヒュンダイi20クーペWRC)

■勝田貴元が総合6番手に浮上

 SS11で今大会初のステージウインを飾ったヌービルは、トップと1分03秒差の総合4番手。同5番手に順位を上げたダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)は首位から2分11秒遅れだ。6番手はトヨタ・ヤリスWRCを駆る勝田貴元。勝田はこの日、SS10で5番手タイム、SS11でも6番手タイムをマークするなど安定した速さをみせ、前日の8番手からふたつポジションを上げている。
 
 一方、デイ2をヒュンダイ勢の最上位となる総合3番手で終えたオット・タナク(ヒュンダイ)はSS9、SS10で立て続けにパンクに見舞われてしまう。
 
 タナクはスタート時にスペアタイヤを1本しか用意しておらず、2度目のパンクで競技続行が不可能に。このため、サービスには戻れたものの、ラリーからの撤退を余儀なくされラリー・モンテカルロを2年連続リタイアという結果に終わった。

 最終日となる1月24日(日)のデイ4は、モナコを基点にフレンチアルプスの山中で2ステージのループが行われ、最終SS15はステージ上位車にボーナスポイントが与えられる“パワーステージ”に指定されている。

 なお、このデイ4では昼のサービスがなく計4本のステージ中、大きな修理やサスペンション変更等のセッティング変更は不可能だ。4本のSSの合計距離は54.48km、リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は272.63kmとなっている。

カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)
2度のパンクによってリタイアを余儀なくされたオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)
2度のパンクによってリタイアを余儀なくされたオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)
勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)
総合8番手につけるガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)
総合8番手につけるガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)
ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)