インディカー開幕戦がリスケジュール。1週間延期し4月18日にバーバーで開幕へ

 インディカー・シリーズは、2021年シーズンのレーススケジュールの変更を1月22日に発表。4月11日に開幕戦として予定されているバーバー・モータースポーツパークでのレースを1週間延期し、4月18日に開催することを明らかにした。

 新型コロナのパンデミックにより2020年のレーススケジュールを大幅に変更し、シーズンを終了したインディカー。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響は衰えを見せず、昨年の12月に4月18日に予定していた第3戦ロングビーチを9月26日開催に変更したことを発表。

 さらに3月7日に開幕戦としてスケジュールされたセント・ピーターズバーグ戦を3月7日から4月25日に延期することを明らかにした。

 この変更により4月11日にバーバー・モータースポーツパークで2021年シーズンの開幕を迎えることになったが、1月22日にインディカーは再びスケジュール変更を発表した。

 バーバー・モータースポーツでの開幕は変わらず、4月11日から1週間延期し、4月18日に決勝レースを行うスケジュールとなった。リスケジュールによって、開幕戦の現地中継はNBCが行うこととなる。

 2020年は、新型コロナウィルス感染拡大の影響で中止を余儀なくされたバーバー戦。インディカー開幕戦となるのは初めてのことだ。2年前のレースでは、佐藤琢磨が自身初のポール・トゥ・ウインを飾っている。

 インディカーを経営するペンスキー・エンターテインメント・コーポレーションの代表であるマーク・マイルズは、「パンデミックが続いており、スケジュール変更をとなったが。2021年シーズンのパワフルなスタートを切ることができる」とコメントしている。