中古車で安く手に入るZ33型フェアレディZをSpirit玲が攻撃的なスタイルに変貌【東京オートサロン2021】

■Z33”華艶”/Z33”華艶”ver,narrow 【Spirit玲】

シルビア、180SX、Z33型フェアレディZといった日産車のエアロパーツを開発しているのが、鳥取県にあるショップのSpirit玲です。今回はZ33型フェアレディZをベースとしたチューニングカーのZ33“華艶”とZ33“華艶”ver,narrowの2台を登場です。

シルビアや180SXの中古車は現在どんどん台数が少なくなり、値上がり傾向となっています。しかしZ33型フェアレディZはまだ前出の2車種に比べると中古車の価格が安いので、チューニングのベース車としてはうってつけです。

Z33華艶02
Z33”華艶”のリアスタイル。
Z33華艶03
”華艶”パーフェクトキットを装着し、オーバーフェンダー化。

赤いボディカラーのZ33“華艶”は、フロントバンパーをはじめ、55mm幅広となるフロントフェンダー、85mm幅広となるリアフェンダーをはじめ、9つのパーツで構成されたパーフェクトキット(57万円・税抜き)を装着しています。

特徴的なリアフェンダーはパテ埋めやスムージングなどをせず、純正のフェンダーに被せて見えない部分でネジ留めしています。今回は新たにフロントバンパーに2連カナードとリアに大型ウィングを追加して、さらにアグレッシブさを高めています。

このデモカーと同じ仕様にするには、工賃やホイール代込みで約150万円以上ということになります。

そこで、今回新たに発表したのが、白いボディのZ33“華艶”ver,narrowです。

Z33”華艶”ver,narrow01
Z33”華艶”ver,narrowのフロントスタイル。
Z33”華艶”ver,narrow02
Z33”華艶”ver,narrowのリアスタイル。

こちらは現在Z33に乗っているユーザーが、お手軽に楽しめるキット。フェンダーをはじめサイドステップ、リアバンパーもノーマル。そしてフロントはフルバンパーとディフューザー、純正のサイドステップの下にディフューザー、リアバンパーの下にディフューザーを装着しています。このキットならばトータルで30万円です。

Z33”華艶”ver,narrow03
サイドにもディフューザーを装着。フェンダーはノーマルのままだ。
Z33”華艶”ver,narrow04
純正バンパーにディフューザーを装着。

外装もアグレッシブですが、このZ33はドリフト車に仕立てられています。LSDをはじめ、強化クラッチ、そして車高調は326POWERのチャクリキダンパーを装着。アームがティーディメンドとGKテックとなっています。

トランスミッションはOSのフルクロス、排気関係は東名などを装着していますが、エンジンはノーマルで最高出力240psです。それでも調子良いほう。今後はもっとパワーアップを考えているそうです。

Z33”華艶”ver,narrow05
大きなキャンバー角を付けたドリフト仕様車。

ベースとなるクルマを安く手に入れて、チューニング費用にお金を費やすというのがカスタマイズの定番です。そう考えるとZ33型フェアレディZはピッタリのクルマと言えます。

(文・写真:萩原 文博)

■Spirit玲/Z33”華艶”

ベース車両メーカー:日産Z33型フェアレディZ/エアロパーツ:Z33”華艶”パーフェクトボディーキット 新作リアウィングVer2/サスペンション:AIRFORCE  スーパーパフォーマンスキット/アルミホイール:work meister s1 前19×11.0j -39/後19×13.0J -51/タイヤ:TOYO TIRE ・R888R 前265/35 19/後325/30 19

■Spirit玲/Z33”華艶”ver,narrow

ベース車両メーカー:日産Z33型フェアレディZ/エアロパーツ:Z33”華艶”ver,narrow/装着パーツ:クラフト:ロムチューン、マフラー:ワンオフ・HKS・メタルキャタライザー、エキマニ:東名パワード、ミッション:OS技研 フルクロスミッション、クラッチ:ATS カーボン、デフ:ATS カーボン、シート:BRIDE  ガイアス2  サスペンション:326power /アルミホイール:Work Wheels 前19×10.5j +15/後19×10.5j +15/タイヤ:前後共235/40 19/