EVAレーシング、D1GP初号機GRスープラの大迫力【東京オートサロン2021】

■エヴァRT初号機スープラ【D1 GRAND PRIX】

D1 GRAND PRIX参戦のド迫力なエヴァRT初号機スープラ。

エヴァRT初号機スープラ
エヴァRT初号機スープラ
エヴァRT初号機スープラ
エヴァRT初号機スープラ

かなりワイドとなったGRスープラのボディ。このエアロを含めたボディキットはHKS製で全幅は余裕で2mを超えます。

エヴァRT初号機スープラ
エヴァRT初号機スープラ

フロントのスポイラー類も圧巻ですが、リアスタイルもド迫力。オーバーフェンダーの上部にもフラップが付き、リアスポイラーと併せてマシンを地面に抑えつける役割を担います。

●いよいよ実戦投入

実はエヴァRT初号機スープラは、予定されていたマレーシアのプロドリフトドライバー・ツンクージャンレイ選手がコロナ禍の影響で来日することが出来ず、マシンはD1 GRAND PRIXで一度も走ることなく今日まで来てしまいました。

しかし、その間もマシンの開発は行われており、現在のエヴァRT初号機スープラはなんと箱替え、ボディーチェンジがなされているとのことです。

エヴァRT初号機スープラ
エヴァRT初号機スープラの3UZターボエンジン

搭載されるエンジンは3UZターボで、1000馬力以上のパワーを誇ります。搭載位置は限りなく後方に追い込まれ、大型のタービンはエンジンの前方に配置。排気管はタービンから直接上方へ伸び、ボンネットを貫通しての排気となります。

エヴァRT初号機スープラ
エヴァRT初号機スープラのカーボンボンネット

そのためボンネットの前方には排気管用の穴が開いています。

エヴァRT初号機スープラ
エヴァRT初号機スープラの冷却系はリアに移設

重量バランスと熱効率から、ラジエター、インタークーラー、オイルクーラーなどは全てリアに移設されています。

エヴァRT初号機スープラの冷却系はリアに移設
エヴァRT初号機スープラの冷却系はリアに移設

冷却系はまとまるとかなりの重量となるため、リアに移設することで最適な重量バランスとなるようです。

エヴァRT初号機スープラ
エヴァRT初号機スープラのサイドミラーはカメラ!

追走などで極めて重要なアイテムとなるサイドミラーはカメラによるタイプに替えられています。

エヴァRT初号機スープラのサイドミラーはカメラ!
エヴァRT初号機スープラのサイドミラーはカメラ!

鮮明にサイドが見えることから、かなり接近した追走バトルを観ることができるかもしれません。

エヴァRT初号機スープラ
エヴァRT初号機スープラのタイヤはTOYO TIRES PROXES R888R Drift

エヴァRT初号機スープラのタイヤはTOYO TIRES PROXES R888R Drift、ホイールはRAYSのgram lightsという常勝鉄板の組み合わせ。

エヴァRT初号機スープラ
エヴァRT初号機スープラ

このエヴァRT初号機スープラ、いよいよD1 GRAND PRIX 筑波ラウンドで実戦に投入されることになるようです。

その雄姿をぜひとも目に焼き付けたいところですね。

(松永 和浩)