ヤマハ『SR400』が43年の歴史に幕。3月15日発売の“ファイナル・エディション”で生産終了

 ヤマハ発動機は1月21日、空冷4ストロークSOHC 2バルブ単気筒エンジンを搭載した『SR400』の国内向け生産を終了し、特別仕様の『SR400 Final Edition Limited(ファイナル・エディション・リミテッド)』および『SR400 Final Edition(ファイナル・エディション)』を3月15日に発売すると発表した。

 1978年の初代登場以来、熟成と進化を重ねてきたSR400。ビッグシングルの心地よい鼓動感やシンプルなスタイル、キックスターターなどを歴代モデルでも受け継ぎ、変わることのない“SRらしい”個性により、エントリーライダーからベテランライダーまで幅広いユーザーに支持されている。

 そんなSR400が国内向けモデルの生産を終了することとなり、有終の美を飾るファイナル・エディションが登場する。限定1000台の“ファイナル・エディション・リミテッド”は、多くの歴代SRファンに愛されてきたブラックをボディカラーに採用した。

 さらに職人の手作業によるサンバースト塗装と呼ばれる『ベースの基本色にぼかし塗装』を施した燃料タンクや、シリアルナンバー入り電鋳エンブレム、真鍮製音叉エンブレム、本革調シート、新色アルマイトのホイールリム、“Final Edition”を記した黒い文字盤のメーターなどを装備し、まさにヤマハのモノ創りを集結させたモデルとなっている。

 そして通常販売される“ファイナル・エディション”は、ボディカラーに歴代SRを彷彿とさせるグラフィックパターンを採用したシンプルな“ダークグレー”と、親しみやすく温もりを感じさせる“ブルー”の2色が設定された。

 両モデルとも2021年3月15日に発売が開始され、消費税込みのメーカー希望小売価格は、限定1000台のファイナル・エディション・リミテッドが74万8000円、ファイナル・エディションは60万5000円となる。SR400や限定モデルについての詳細はヤマハの公式ホームページ(https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/sr400/)まで。

ヤマハSR400“ファイナル・エディション・リミテッド”(ブラック)
ヤマハSR400“ファイナル・エディション・リミテッド”(ブラック)
サンバースト塗装を施した燃料タンクと真鍮製音叉エンブレム
サンバースト塗装を施した燃料タンクと真鍮製音叉エンブレム
シリアルナンバー入り電鋳エンブレム
シリアルナンバー入り電鋳エンブレム
新色アルマイトのホイールリム
新色アルマイトのホイールリム
“Final Edition”を記した黒い文字盤メーター
“Final Edition”を記した黒い文字盤メーター
ヤマハSR400“ファイナル・エディション・リミテッド”(ブラック)
ヤマハSR400“ファイナル・エディション・リミテッド”(ブラック)
ヤマハSR400“ファイナル・エディション”(ダークグレー)
ヤマハSR400“ファイナル・エディション”(ダークグレー)
ヤマハSR400“ファイナル・エディション”(ブルー)
ヤマハSR400“ファイナル・エディション”(ブルー)
ヤマハSR400“ファイナル・エディション”
ヤマハSR400“ファイナル・エディション”