勝田範彦がトヨタに移籍! TGR、2台のGRヤリスで全日本ラリー最高峰クラスに参戦

 TOYOTA GAZOO Racingは1月21日、JRC全日本ラリー選手権の2021年シーズンに向けた参戦体制を発表。スバルから勝田範彦を迎え入れ、GRヤリスの2台体制でシリーズトップカテゴリーのJN1クラスに参戦することを明らかにした。

 TOYOTA GAZOO Racing(TGR)はモータースポーツの厳しい環境において「人を鍛え、クルマを鍛える」ことを目的に、2015年から社員チームとしてJRCでの活動を開始。トヨタ・ヴィッツベースのマシンでプログラムを実施し、2019年にはTGRヴィッツGRMNラリーをドライブした眞貝知志・安藤裕一組がJN2クラスでシリーズチャンピオンを獲得している。

 そんなTGRは3月20~21日開催の新城ラリーで幕を開ける2021年シーズンに向け、GRヤリスGR4ラリーを新たに投入する。

 2017年に復帰したWRC世界ラリー選手権で得た知見や技術が織り込まれ、“モータースポーツ用の車両を市販化する”という逆転の発想から誕生した、トヨタ初のモデルであるGRヤリス。そのステアリングを握るのは前述の眞貝と、スバルから移籍してきた勝田の2名だ。

 2010年からの4連覇を含むJRC通算8度シリーズチャンピオンに輝いた勝田。指折りのトップラリードライバーである53歳は2021年、長年所属しともに栄冠を勝ち取ったスバルを離れ、古巣相手にJN1クラスでタイトルを争うことになる。コドライバーは木村裕介が務める予定だ。

「初めてTGRチームに加わり、うれしく思います。ラリー車両の本格的なテストは、まだそれほど行っていませんが、エンジニアには熱意があふれていますし、クルマにはポテンシャルを感じました」とGRヤリスの感触を語った勝田。

「私はこれまで30年近くラリーに参戦してきましたが、心機一転、初心にかえってチームと一緒に頑張りたいと思います」

「強豪ぞろいのJN1クラスで上位を狙い、良い成績を収めることが私の役割です。デビューウイン、そしてチャンピオンを獲る意気込みで臨みます。応援よろしくお願いします」

 TGRチームで4年目を迎える眞貝は「GRヤリスという新たなチャレンジを楽しみにしています」とコメント。
 
「ハイレベルなJN1クラスで勝田選手とともに走る距離を倍にし、もっといいクルマづくりへフィードバックする。それが私の仕事だと思っています」

「私自身にとっても、公式戦に初めて4WD車両で臨む挑戦の年ですが、まずは自分の役割を果たすことを目標に頑張ります。一戦ごとにGRヤリスがたくましく速くなっていく姿を、皆さまも一緒に楽しんでいただけたらうれしいです」

 2021年も引き続きチームをまとめる豊岡悟志チーム監督は、GRヤリスでの勝利を今季の目標に掲げ、同時にラリーを通じてクルマを操る楽しさや可能性を訴求していくという。

「2021年の目標はGRヤリスでの勝利。勝利に向けて挑むことのすべてを“人とクルマを鍛える”に直結させていきます。新たに勝田選手の力をお借りし、眞貝選手との2台体制であらゆる相乗効果を狙います」

「豊田章男社長、“モリゾウ”はモータースポーツを軸にして、モビリティ、社会を広い視野で考え、全体を盛り上げることに取り組んでいます。ラリーチームもその想いに先頭をきって応える実戦部隊として、クルマの楽しさや可能性を追求していきます」

■TOYOTA GAZOO Racing 全日本ラリー選手権2021参戦体制

チーム名:TOYOTA GAZOO Racing
クラス:JN1クラス
車両:GRヤリスGR4ラリー
主な仕様:エンジン:1.6リットル直列3気筒インタークーラーターボ
駆動方式:スポーツ4WDシステム“GR-FOUR”
ドライバー/コドライバー:
 勝田範彦/木村裕介
 眞貝知志/安藤裕一
チーム監督:豊岡悟志(トヨタ自動車 凄腕技能養成部)
チーフ・メカニック:宮本昌司(トヨタ自動車 凄腕技能養成部)
エンジニア:土井崇司 (トヨタ自動車 GRプロジェクト推進部)

TOYOTA GAZOO Racing から2021全日本ラリー選手権JN1クラスに参戦する勝田範彦/木村裕介組
TOYOTA GAZOO Racing から2021全日本ラリー選手権JN1クラスに参戦する勝田範彦/木村裕介組
JN1クラスでGRヤリスをドライブする眞貝知志/安藤裕一組
JN1クラスでGRヤリスをドライブする眞貝知志/安藤裕一組