ニッサン、冬のアウトドアを充実させる『e-NV200ウインター・キャンパー・コンセプト』公開

 日産自動車は1月20日、冬のアウトドアをより快適にサポートする電気自動車のコンセプトバン『e-NV200 Winter Camper concept(ウインター・キャンパー・コンセプト)』を欧州で発表した。

 ニッサンの100%電気LCV(小型商用車)である『e-NV200』をベースに製作されたウインター・キャンパー・コンセプトは、専用に施されたカスタマイズによって、雪道での走破性を高めるとともにキャンプシーンでの利便性が向上している。

 ベース車両に欧州限定の『Nissan Camper Technology Luxury Kit』を架装することで、ルーフに設置されたソーラーパネルから車両に搭載されたバッテリーへ充電が可能となり、電力の自給自足による快適性と実用性を兼ね備えたキャンプを実現。

 そのバッテリーに充電された電力で稼働する備え付けのキッチンや冷蔵庫に加え、折りたたみ式ベッドや断熱ガラスまでもが装備され、あらゆる環境下でのアウトドアライフを快適にするという。

 また、悪条件下での走行性能も向上されており、プレミアムオフロードタイヤと引き上げられた地上高は、泥や雪のなかでも最適なトラクションと走破性が確保された。

 夜間の視認性を高めるため、フロントの強化スチールバーにはツインスポットライトが取り付けられ、さらに欧州設定の純正アクセサリーとしてフロントとリヤのマッドガードやドアエントリーガード、サイドバー、ラバーマットが装着されている。

 そして、ニッサンが培ってきた電動技術がパワートレインにも採用され、パワーユニットはクイックな加速と力強いトルクを実現し、Bモードとエコモードでは回生ブレーキを強めることで、より効率的にエネルギーをマネージメントするとのことだ。

 この環境への影響を最小限に抑えながらも、電気自動車ならではの走りを提供してくれるカスタマイズカーについて、欧州ニッサンのLCV事業部長であるドミトリー・ブスルキンは次のように述べている。

「電動車両は環境への影響を意識しながらも、ワクワクするような運転体験を提供する。アウトドアのエッセンスと電気自動車ならではのパワーを備えたコンセプトバン『e-NV200ウインター・キャンパー・コンセプト』は、ゼロエミッションモビリティの明るい未来を表現している」

ツインスポットライトやオフロードタイヤ、引き上げられた地上高が悪路走破性を高めている
ツインスポットライトやオフロードタイヤ、引き上げられた地上高が悪路走破性を高めている
ニッサンe-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
ニッサンe-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
ニッサンe-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
ニッサンe-NV200 ウインター・キャンパー・コンセプト
バッテリーの電力で稼働するキッチンも備え付けられている
バッテリーの電力で稼働するキッチンも備え付けられている