東京オートサロン2021出展車レポート/GRヤリスのドリフトマシンや天然木の内装が自慢のハイエースも登場

 『東京オートサロン2021』は新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて中止になってしまったが、1月16日と17日の2日間、富士スピードウェイに展示予定だった車両が結集。
 その数、およそ140台。メーカー&ショップの想いが込められた車両のなかから、オートスポーツwebが注目したモデルカーを紹介していこう。

■東京オートサロン2021出展車両 注目4選

■クスコ/GRヤリス for ドリフト

舵角を広く取るために、限界まで大きくハの字を描くフロントタイヤが印象的
舵角を広く取るために、限界まで大きくハの字を描くフロントタイヤが印象的
クスコ/GRスープラ Formula D
クスコ/GRスープラ Formula D

 トヨタGRヤリスをベースに究極のドリフトマシンを目指して開発されたのが、この『GRヤリス for ドリフト』。

 ベースモデルはRZだが、さすがに4WDのままというわけにはいかず、パワートレインは全面的に再設計された。

 駆動方式も複数のデフを組み合わせた特別仕立てのFR仕様に変更されたが、曲がるために特化した分だけ、驚くほどの旋回性能を持つ。

 これほどの本格ドリフトマシンだけに、当然、レースシーンへの投入も視野に入れており、『2021フォーミュラードリフトジャパン』などで、その勇姿を見ることができそうだ。

最大舵角までステアリングを切ると、ここまで角度が付く
最大舵角までステアリングを切ると、ここまで角度が付く
クスコ/GRヤリス for ドリフト
クスコ/GRヤリス for ドリフト
エンジンは直列6気筒2JZ型を縦置きに配置する。HKSキットにより3.4リッター化され、最高出力は1000ps級まで引き出されている
エンジンは直列6気筒2JZ型を縦置きに配置する。HKSキットにより3.4リッター化され、最高出力は1000ps級まで引き出されている
クスコ/GRヤリス for ドリフト
クスコ/GRヤリス for ドリフト

■ オートバックスグループ/A PIT WRX STI(VAB)

オートバックスグループ/A PIT WRX STI(VAB)
オートバックスグループ/A PIT WRX STI(VAB)
オートバックスグループ/A PIT WRX STI(VAB)
オートバックスグループ/A PIT WRX STI(VAB)

 オートバックスグループが手がけるA PITは、確かな性能を持つ市販パーツを用いて、合法チューンの範囲内で速さを追求するスタイルが特徴。

 このWRX STI(VAB)も、その原則に従って制作された車両だ。腰下まで丁寧に仕上げられたエンジンは、HKS製タービンや2.2リッター化によりエンジンパワーを440ps/69.0kgmまでスペックアップ。

 足まわりはエンドレスの車高調キットで固め、デフまわりにはクスコを採用する。

 ただし、それらを基準値のまま用いるのではなく、実車合わせで最適な調整を加えていることが大きなポイントだ。

エアロはWRXに確かな経験を持つ老舗ブランド『VARIS』で組まれていた
エアロはWRXに確かな経験を持つ老舗ブランド『VARIS』で組まれていた
ホイールはTWSのT-66の18インチ鍛造、タイヤはYOKOHAMAのADVAN A052。モータースポーツを視野に入れたドライグリップ優先の組み合わせ
ホイールはTWSのT-66の18インチ鍛造、タイヤはYOKOHAMAのADVAN A052。モータースポーツを視野に入れたドライグリップ優先の組み合わせ
パワートレインはHKSやクスコなど信頼性と性能を考慮したバランス重視のチョイス
パワートレインはHKSやクスコなど信頼性と性能を考慮したバランス重視のチョイス
シートはレカロのバケットシートを用いるが、助手席側のシート表地をウルトラスエードに張り替えることで、サポート力の向上を狙っている
シートはレカロのバケットシートを用いるが、助手席側のシート表地をウルトラスエードに張り替えることで、サポート力の向上を狙っている

■GORDON MILLER/GMLVAN V-01(ハイエース)

大型フロントグリルを用いることで、クラシックな丸目4灯フェイスを再現している
大型フロントグリルを用いることで、クラシックな丸目4灯フェイスを再現している
GORDON MILLERの世界観をそのまま落とし込んだ“質実剛健”な佇まいが楽しめる
GORDON MILLERの世界観をそのまま落とし込んだ“質実剛健”な佇まいが楽しめる

 オートバックスグループがオリジナルブランドとして展開する『GORDON MILLER』は、これまでアウトドアをテーマに様々なクルマやアイテムを提案している。

 今回出展したハイエースは『Living Room on Wheels.』をコンセプトに制作され、インテリアブランド『journal standard Furniture(ジャーナルスタンダード ファニチャー)』とコラボレーションして生まれた特別なモデルだ。

 古き良き時代のハイエースをオマージュしたようなスタイリングにも惹かれるが、圧巻はキャビン空間の完成度の高さ。

 天然木に包まれた温かみのあるキャビンは、ゆったりとくつろげる雰囲気に包まれている。

天井には平たいルーフデッキが配置。シンプルな機能的なデザインがハイエースに似合う
天井には平たいルーフデッキが配置。シンプルな機能的なデザインがハイエースに似合う
内装加飾に天然木を用いたシンプルながらも贅沢な室内空間。年を重ねるごとに風合いが変わっていく、経年変化も楽しんで欲しいそうだ
内装加飾に天然木を用いたシンプルながらも贅沢な室内空間。年を重ねるごとに風合いが変わっていく、経年変化も楽しんで欲しいそうだ
この状態はベットモードだが、専用テーブルを設置すればリビング空間も楽しめる
この状態はベットモードだが、専用テーブルを設置すればリビング空間も楽しめる
GORDON MILLER/GMLVAN V-01(ハイエース)
GORDON MILLER/GMLVAN V-01(ハイエース)
GORDON MILLER/GMLVAN V-01(ハイエース)
GORDON MILLER/GMLVAN V-01(ハイエース)

■GORDON MILLER/GMLVAN C-01(NV200)

GORDON MILLER/GMLVAN C-01(NV200)
GORDON MILLER/GMLVAN C-01(NV200)
光が当たると明るく輝く、オリジナルカラー『コヨーテ』。純正品質さながらの美しさと耐久性を持
光が当たると明るく輝く、オリジナルカラー『コヨーテ』。純正品質さながらの美しさと耐久性を持

 こちらはハイエースよりもひとクラス小さいNV200バネットをベースに製作された『GMLVAN C-01(NV200)』

 ハイエース版と共通の天然木のキャビンは、フラットモードやテーブルモードなど、多彩なアレンジが用意されている。

 注目はボディカラー。コヨーテと名付けたカラーリングは、全塗装ではなく、日産の協力により新車製造時の生産工場で塗装されたもの。
 
 GORDON MILLERオリジナルカラーでありながら、メーカー純正の品質を実現している。この伸びやかな美しさが楽しめることも、大きな美点だ。

ソファの生地を用いるシートカバーも、温かみのあるデザイン。座り心地もさることながら、車内のオシャレな雰囲気を高めている
ソファの生地を用いるシートカバーも、温かみのあるデザイン。座り心地もさることながら、車内のオシャレな雰囲気を高めている
フロアボードの中央1枚を外せば、テーブルモードに早変わり
フロアボードの中央1枚を外せば、テーブルモードに早変わり