豪州SC:エレバス離脱のレイノルズ、新体制のケリー・レーシング加入で念願のマスタングをドライブへ

 RSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップで、2020年からフォード陣営に加わったケリー・レーシングが最後のドライバーラインアップを発表。昨季限りでフルタイム参戦からの引退を表明したチーム創業家の弟リック・ケリーに代わり、10年間の長期契約を解除してエレバス・モータースポーツを離れたデビッド・レイノルズの加入がアナウンスされた。

 また、グリッド上で最後の空きシート枠となっていたチーム・シドニーの1席にはギャリー・ヤコブセンの加入も発表され、2021年は10チーム、23名の参戦が確定している。

 ホールデン陣営で強豪の一角を形成してきたエレバスでエースとして活躍し、2017年にはシリーズ最大の祭典『バサースト1000』を制覇した実績も持つレイノルズは、このオフにもタイトルスポンサーの石油潤滑油企業ペンライトとともに、チーム離脱の決断を下していた。

 その一方、ケリー・レーシングを運営するトッド&リックのケリー兄弟は、直近にも投資家コングロマリットのグローブ・グループから支援を受け、2021年より新たにケリー・グローブ・レーシングとしてスタートを切ると表明していた。

 その両者は2020年12月から本格的な契約交渉を始め、1月16日付で契約締結をアナウンス。レイノルズにとってはフォード・パフォーマンス・レーシング(現ティックフォード・レーシング)、そして2016年から在籍したエレバスより以前、2011年シーズン以来の古巣復帰が実現した。

 この移籍により、2021年はレイノルズがステアリングを握るケリー・グローブ・レーシングのフォード・マスタング26号車は、事前の予測どおりペンライトのフルカラーリングが施された。

「2021年から新たなスタートを切るケリー・グローブ・レーシングに加入できて、信じられないほどハッピーな気分だよ」と、新体制発表の喜びを語ったレイノルズ。

「グローブ・グループからの直近の投資により、チームにとって明らかにエキサイティングな時期になる。昨年の成功に基づき、チームは今季素晴らしいことを達成する準備ができていて、そのためのリソースと“火力”も整っている」

「整備されたインフラストラクチャーとチームの文化には、心から感銘を受けているんだ。アンドレ(・ハイムガートナー)とチームメイトとして一緒に仕事をすることも楽しみにしている。僕らは間違いなくお互いをプッシュし、うまくいけば2台のマスタングをグリッドの先端に引き上げることになるはずさ」

ケリー・グローブ・レーシングのフォード・マスタング26号車は、事前の予測どおりペンライトのフルカラーリングが施された
ケリー・グローブ・レーシングのフォード・マスタング26号車は、事前の予測どおりペンライトのフルカラーリングが施された
レイノルズにとっては、フォード・パフォーマンス・レーシング(現ティックフォード・レーシング)、そして2016年から在籍したエレバスより以前、2011年シーズン以来の古巣復帰となる
レイノルズにとっては、フォード・パフォーマンス・レーシング(現ティックフォード・レーシング)、そして2016年から在籍したエレバスより以前、2011年シーズン以来の古巣復帰となる
エレバス時代にレイノルズの活躍を支えたエンジニア、アリスター・マクビーン(右)の起用も発表された
エレバス時代にレイノルズの活躍を支えたエンジニア、アリスター・マクビーン(右)の起用も発表された

■ヤコブセンはチーム・シドニーへの加入がアナウンス

 レイノルズ加入と同時にケリー・グローブ・レーシングは体制再構築にも着手し、エレバス時代にレイノルズの活躍を支えたエンジニア、アリスター・マクビーンの起用も発表。2020年はマクビーン不在で“表彰台獲得なし”というまさかの不振を経験したレイノルズにとっても、力強い援軍となる。

「そう、いくつか馴染みのある顔もチームに加わってくれた。アリスターが僕のチーフエンジニアとして復帰し、マスタングのエンジニアリングを担当してくれるし、引き続き僕のマシンにペンライトのロゴが掲げられているのも誇らしい。彼らは長きに渡って僕の力強い支援者であり、家族のような存在だ。その素晴らしい関係を継続できることも楽しみにしている」

 一方、2019年にこのケリー・レーシングから、当時のVASCヴァージン・オーストラリア・スーパーカーへのフル参戦を開始したヤコブセンは、2020年に在籍したマット・ストーン・レーシング(MSR)を経て、ファビアン・クルサードのチームメイトとしてチーム・シドニーへの加入がアナウンスされた。

「昨年トラック上で彼らと直接対決した経験から、新しく組織された彼らのチームがどれほど優れた仕事をしていて、状況を迅速に改善し、ラウンドからラウンドへと継続的により良い結果を達成できることに本当に感銘を受けたんだ」とチーム加入への期待を語ったヤコブセン。

「DJR(Dick Jhonson Racing/ディック・ジョンソン・レーシング)で経験を積んできたファビアンの加入も良いニュースだ。彼のような成功したベテランと組み、貴重なノウハウを学ぶ最高の環境が整ったんだからね。僕を選んでくれたチームにも心から感謝したい」

 これで2021年シーズンに向け、フルタイムのシートであるレギュラー参戦枠の23台がすべて埋まったRSCだが、シリーズ後半に設定される予定(現状、開催ラウンドは未発表)の耐久カップ向けコドライバー登録枠として、チャーリー・シュワルコート率いるチーム18は新たにマイケル・カルーソの起用を発表。昨季も耐久カップドライバーとして戦ったジェームス・ゴールディンとともに、長距離イベントでセカンドドライバーの責務を果たすことになる。

2020年限りでフルタイムの参戦から引退を表明したリック・ケリー(右)。レイノルズはその車両を引き継ぐ形となる
2020年限りでフルタイムの参戦から引退を表明したリック・ケリー(右)。レイノルズはその車両を引き継ぐ形となる
ニッサン・アルティマを走らせた時代にケリー・レーシングからデビューしたギャリー・ヤコブセンは、チーム・シドニーで最後の1枠を確保した
ニッサン・アルティマを走らせた時代にケリー・レーシングからデビューしたギャリー・ヤコブセンは、チーム・シドニーで最後の1枠を確保した
チャーリー・シュワルコート率いるチーム18は新たに耐久カップ登録でマイケル・カルーソの起用を発表
チャーリー・シュワルコート率いるチーム18は新たに耐久カップ登録でマイケル・カルーソの起用を発表