ブリヂストン、プレミアムタイヤブランド『ALENZA』に新商品を追加。2月より発売

 1月19日、ブリヂストンは同社のプレミアムタイヤブランド『ALENZA(アレンザ)』に快適性を追求したSUV専用タイヤ『ALENZA LX100』を追加し、2月1日より発売を開始すると発表した。

 ブリヂストンによると、日本国内のSUV市場は近年拡大傾向にあり、特にセダンやミニバンの代替車両として、街乗りなど生活の一部として使用されるオンロード領域のSUV車両が増加している。

 そこでブリヂストンは、同社のオンロード領域のプレミアムSUVタイヤブランドのアレンザに、静粛性や快適性を重視したオンロードコンフォート『ALENZA LX100』を加え、スポーツモデル『ALENZA 001』とともに、オンロードSUV車両への社会価値、顧客価値の向上を強化していく。

 今回発表されたアレンザLX100では、ブリヂストンのサイレントテクノロジーである『3Dノイズ抑制グループ』『シークレットグループ』『3Dノイズカットデザイン』が採用されたことによって、タイヤの新品時、摩耗時の静粛性が22%向上しているという。

 また、SUV特有の使われ方も考慮し、非対称パターンやブロック剛性の最適化が行われたことで、摩耗ライフも従来品より5%向上。さらに専用構造の高剛性ケースを採用することで、ふらつきや乗り心地といった操安性能も考慮された。

 このアレンザLX100は2月1日より全国で一斉発売され、39サイズが用意される。価格はサイズによって異なるが、1万9030~10万5270円(税込)となっている。サイズ展開などの詳細はブリヂストンの公式ホームページ(https://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/2021011901.html)まで。