2021年春登場予定の新型ホンダ・ヴェゼル。エクステリアデザインはどうなる?

■ワールドプレミアは2021年2月18日(木)の日本時間12:30に配信開始

新型ホンダ・ヴェゼルは2021年春にも登場します。今回公開された写真は、斜め後方の上から眺めたルーフ(ルーフスポイラーやサンルーフなどが確認できます)、リヤピラーと寝かされたテールウインドウ(リヤガラス)周辺、「e:HEV」のエンブレム、ドアスピーカー、スマホ連携の5枚です。

ホンダ ヴェゼル
新型ホンダ・ヴェゼルのルーフまわり

ルーフの写真をみると、リヤクォーターピラーでスパッと切られた2トーンカラー(ブラックルーフ?)、サイドではフューエルリッドカバーも貫く鋭いキャラクターラインが見えます。スマホ連携の写真では、ディスプレイとダイヤル式エアコンパネル?も確認できます。

そしてホンダは発表・発売に先立ち、2月18日(木)に新型ヴェゼル(デザイン)の世界初公開となるワールドプレミアイベントをオンラインで行うと明らかにしました。

ホンダ ヴェゼル
新型ヴェゼルに用意されるスマホ連携

2013年12月に発売されたホンダ・ヴェゼルは、クーペクロスオーバーSUVらしいスポーティなフォルム、Bセグメント以上、Cセグメント未満といえる絶妙なボディサイズを備え、広いリヤシートとラゲッジスペースを備えています。

売れ行きも抜群で、2019年を含めて4度(2014年、2015年、2016年、2019年の暦年新車販売台数)、暦年でのSUV新車販売台数1位を獲得してきたヒットSUVです。さらに日本でのスマッシュヒットだけでなく、2014年には海外にも投入し、現在では世界で約120の国と地域で販売され、同社のグローバルSUVラインアップの1台として多くの支持を集めてきました。

B〜Cセグメント級のコンパクトSUVは、トヨタ・ヤリスクロスや日産キックスなど新しいライバルも登場しています。ほかにも、マツダCX-3、CX-30、MX-30、トヨタC-HR、三菱RVRなどもあります。

ホンダ ヴェゼル
新型ヴェゼルのテールゲートまわり

さらに、輸入車勢もSUV プジョー 2008、フォルクスワーゲンTクロス、アウディQ2などもあり、次期ヴェゼルが初代と同様にヒット作になるのかは、日本におけるホンダ車のプレゼンスも左右する重要なモデルになるのは間違いないでしょう。

新型ヴェゼルについての情報は、下記のWebサイトで順次公開する予定としています。

(塚田 勝弘)