新規導入したCT5/XT4の価格設定はキャデラックの日本市場への本気の表れ【新車発表・キャデラックCT5/XT4】

■ラグジュアリーセダンのキャデラックCT5は560万円から

2021年1月14日、ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社は、プレミアムブランドのキャデラック既存車種の一部改良に加え、ニューモデルを2車種を追加し車種ラインナップを拡充させました。

CT5の外観02
CT5のフロントスタイル
CT5の外観04
CT5のリアスタイル

今回新規導入されたモデルは、ラグジュアリーセダンのCT5とコンパクトSUVのXT4。そして7月に導入予定のフルサイズSUV、エスカレードもお披露目されました。

ラグジュアリーセダンのCT5は卓越したデザイン、パフォーマンス、快適性を最新テクノロジーによって融合し、細部に至るまで精緻に設計・開発されたFRセダンです。プラットフォームには、様々な賞を受賞している「アルファアーキテクチャー」を採用。卓越したパフォーマンスと軽量化、高剛性の実現に大きく寄与しています。

CT5の外観04
CT5のリアスタイル。
CT5の外観05
2435/45R18サイズのタイヤを装着している。

CT5の外観デザインはコンセプトモデルのエスカーラにインスパイアを受けており、エッジの効いたキャデラックのシグネチャースタイルがより彫刻的で流麗に進化しています。

また、新しいファストバックスタイルは CT5のパワー、性能を強くアピール。ロングホイールベースと引き伸ばされたサイドガラスが、低く伸びやかなスタイリングを強調しています。

CT5の内装02
CT5のインパネ。

CT5のインテリアは品質や細部へのこだわり、厳選した素材、完璧なクラフトマンシップを重視。

同時に直感的でシンプルな操作性の各種テクノロジーを装備し、視認性に優れた高解像度10インチタッチスクリーンやロータリーコントローラー、スクロール、ハードボタンを組み合わせた直感的なインター フェースはスマートフォンのようにスムーズに操作できます。前・後席レッグルームの広さはセグメントでトップクラスとなっています。

CT5の内装01
最高出力240psを発生する2L直列4気筒ターボエンジン。

搭載されている新設計の2L直列4気筒ターボエンジンは最高出力240ps、最大トルク350Nmを発生。リッター当たり100馬力を超えるパワーと高効率を兼ね備えています。

低回転域でターボラグを抑え、NAエンジンに匹敵するスロットルレスポンスを提供するツインスクロールターボや、低負荷時に2気筒を休止し燃費効率とパフォーマンスを最大化する気筒休止システムを採用しています。

CT5の内装03
CT5のフロントシート。

組み合わされるトランスミッションは10速ATで、駆動方式はプラチナムがFR、スポーツはAWDとグレードによって異なります。

運転支援システムは、キャデラックの先進セーフティデバイスがより安全なドライブをアシスト。エマージェンシーブレーキシステム(フロントオートマチックブレーキ/フロント歩行者対応ブレーキ)や、前方車両をモニターし、加速・減速・完全停止までを自動で行うアダプティブクルーズコントロール、さらにサイドブラインドゾーンアラート、リア歩行者検知など20以上の最新安全装備を搭載。セグメントで最も充実した安全装備を標準装備しています。

CT5の内装04
CT5のリアシート。
CT5の内装05
CT5のトランクスペース。

キャデラックCT5の車両本体価格はプラチナムが560万円、スポーツは620万円となっています。ボディサイズはBMW5シリーズやメルセデス・ベンツEクラスと同じですが、価格は3シリーズやCクラスと同等という戦略的な価格となっています。

●XT4の車両本体価格は570万円から

続いて紹介するのが、キャデラックブランド初のコンパクトSUV、XT4です。XT4はプレミアム、スポーツ、プラチナムの3グレードを用意し、車両本体価格は570万〜670万円となっています。

XT4の外観01
XT4のフロントスマスク。
XT4の外観02
XT4のフロントスタイル。

XT4のボディサイズは全長4605mm×全幅1875mm×全高1625mmで、全長はレクサスNXやホンダCR-Vと同じクラスとなります。XT4の外観デザインは、力強い存在感を放つ安定感と自信に満ちたプロポーション、空力特性に優れたシャープで彫刻的なボディラインと光の反射が美しいサーフェイスデザインなど、どのアングルからも大胆かつスポーティさを主張しています。

XT4の外観03
XT4のサイドビュー。
XT4の外観04
XT4のリアスタイル。

インテリアも外観デザイン同様にスポーティを強調していて、上質な素材を組み合わせたインサート材、トリム表皮、本革シートは上質なクラフトマンシップによって仕上げられ、伸びやかな曲線とゆるやかなカーブを描くラインによって高級感を演出しています。

XT4の内装02
XT4のインパネ。
XT4の内装05
XT4のラゲージスペース。
XT4の内装01
最高出力230psを発生する2L直列4気筒ターボエンジン。

搭載するエンジンは最高出力230ps、最大トルク350Nmを発生する2L直列4気筒ターボで、低負荷時に2気筒を休止、燃費効率とパフォーマンスを最大化する、業界初の気筒休止システムをはじめ、低回転時のターボラグを抑え、自然吸気エンジンに匹敵するスロットルレスポンスを提供するツイン・スクロール・ターボシステムを採用。高効率と力強いパワーレスポンスの両立を実現しています。

XT4の外観05
245/45R20と言うサイズのタイヤを装着。
XT4の内装04
XT4のリアシート。
XT4の内装03
XT4のフロントシート。

組み合わされるトランスミッションは9速ATで、駆動方式はツインクラッチAWDシステムを採用。俊敏な旋回性能を発揮するとともに、必要に応じて後輪への駆動力の伝達を完全に遮断できるため、パワートレインのフリクションを低減することが可能です。

運転支援システムは、レーダーやカメラ、センサーなどの技術を用いたエマージェンシーブレーキシステム(フロントオートマチック歩行者対応ブレーキ/リアオートマチックブレーキ)アダプティブクルーズコントロール、サイドブラインドゾーンアラート、など20以上の最新安全装備を搭載。セグメントで最も充実した安全装備を誇ります。

●7月導入予定のフラッグシップSUV、エスカレードは1490万円から

エスカレードの外観01
エスカレードのフロントマスク。

そして、2021年7月に日本導入予定となっているフラッグシップSUV、キャデラックエスカレードも公開されました。新型エスカレードのボディサイズは全長5382mm×全幅2060mm×全高1948mmで、ロールスロイス カリナンを上回るボディサイズとなり圧倒的な存在感を誇ります。

エスカレードの外観02
エスカレードのフロントスタイル。
エスカレードの外観03
エスカレードのサイドビュー。全長は5382mm。
エスカレードの外観04
エスカレードのリアスタイル。


エスカレードの内装01
6.2L V型8気筒OHVエンジンは最高出力426psを発生。

搭載する6.2L V型8気筒OHVエンジンは最高出力426ps、最大トルク623Nmを発生します。組み合わされるミッションは10速ATで、駆動方式はセレクタブル4WDを採用しています。

エスカレードの外観05
22インチの大径アルミホイールを装着。
エスカレードの内装06
エスカレードのラゲージスペース。
エスカレードの内装02
液晶パネルを採用し先進性が光るエスカレードのインパネ。

インテリアではインパネが2枚の液晶パネルとなり、先進性を強調しています。広大な室内空間には7人乗りの3列シートがレイアウトされ、まさにVIPの乗るクルマに相応しい風格を放ちます。車両本体価格はプラチナムが1490万円、スポーツが1520万円となっています。

エスカレードの内装03
エスカレードのフロントシート。
エスカレードの内装04
エスカレードのセカンドシート。
エスカレードの内装05
エスカレードのサードシート。


既存モデルのキャデラックXT5はボディカラーに新色を3色追加したほか、ホイールデザインを変更しました。そして、キャデラックXT6はボディカラーの変更と安全装備にヒルホールド&スタートアシストを追加し、商品力を向上しています。

レクサスGSが絶版となり、空白となっていたEセグメントにCT5、人気が一向に衰えないコンパクトSUVにXT4。さらにラグジュアリーSUVにはエスカレードを導入し、マーケットシェアの増加を狙っています。中でもCT5の戦略的な価格は「これまでのアメリカ車は高い!」という常識を覆しそうです。

(文・写真:萩原 文博)