“ミスター・メルセデス”元取締役フベルト氏が死去。モータースポーツ活動再開に尽力

 ダイムラーの元取締役ユルゲン・フベルト氏が、1月12日、81歳で死去したことが明らかになった。

 1965年にメカニカルエンジニアとしてダイムラーに加入したフベルトは、さまざまな役職を経て、1987年には取締役に就任した。1990年代序盤から自動車事業の責任者となり、メルセデス・ベンツAクラス、Mクラス、CLK、スマートといったモデルのプロジェクトを率いた。フベルトはまた、メルセデスが1955年以来遠ざかっていたモータースポーツ活動を再開するうえで大きな役割を果たした。メルセデスは1980年終盤からDTM、スポーツカーレース、1990年代半ばにはF1活動を開始した。

2010年スペインGP ダイムラーの取締役ユルゲン・フベルトとミハエル・シューマッハー
2010年スペインGP ダイムラーの取締役ユルゲン・フベルトとミハエル・シューマッハー

 ダイムラーとメルセデス・ベンツのオラ・ケレニウス会長は、「ユルゲン・フベルトは、“ミスター・メルセデス”というべき存在だった」とコメントした。

「誠実さと革新的な精神をもってメルセデス・ベンツを形作り、大きな成功を収めた」
「メルセデスファミリー全員が、彼に対して永遠に感謝の念を抱き続ける」