スーパーGT:ニッサン/ニスモ、2021年のGT500体制を発表。松下信治がTEAM IMPUL加入

 1月18日、日産自動車およびニスモは2021年のスーパーGT GT500クラスの参戦体制について発表した。2021年も4台のニッサンGT-RニスモGT500が参戦することになるが、新たに佐々木大樹がKONDO RACINGに移籍し、TEAM IMPULに松下信治が加わった。

 2020年は開幕こそ厳しい戦いを強いられたものの、MOTUL AUTECH GT-Rがシーズンで2勝を飾りチャンピオン争いにも残ったほか、シーズン中盤以降は戦闘力を増したニッサンGT-R陣営。捲土重来を期する2021年も4台のGT-Rがシーズンに挑むことになる。

 まず、エース格のNISMOは2021年も松田次生とロニー・クインタレッリのコンビとなる。ふたりは2014年からコンビを組んでおり、8年目のシーズンに挑むことになる。また、NDDP RACING with B-MAXも平手晃平と千代勝正がコンビを組むことになった。

 一方、顔ぶれが変わったのはTEAM IMPULとKONDO RACINGだ。TEAM IMPULには、新たに2020年途中までヨーロッパで戦っていた松下信治が加わることになった。長年ホンダの育成ドライバーだった松下はニッサン陣営に加わり、平峰一貴とコンビを組む。

 また、2020年までTEAM IMPULに在籍していた佐々木大樹は、2014年から2017年まで在籍していた古巣KONDO RACINGに復帰し、高星明誠と組むことになった。なお今回の発表では、各チームの車名、タイヤメーカーについては発表されていない。

「いよいよ明日からスーパーGTの2021年シーズンに向けたテストが始まります。今年はTEAM IMPULに、新たに松下選手を迎えました。星野監督の下、平峰選手とともに勢いのある走りによってニッサン勢をさらに躍進させ、日本のモータースポーツ界に旋風を巻き起こしてくれるものと期待しています」と片桐隆夫ニスモ社長兼最高経営責任者。

「私たちは現在ニッサンGT-RニスモGT500の競争力をさらに高める準備と開発を進めています。そして、今シーズンもファンの皆さまにGT-Rならではのワクワクするレースをお見せすべく、監督、ドライバー、チーム員、そして開発陣をはじめとするニスモの全社員が全力を尽くします。今シーズンも変わらぬ応援をお願いいたします」

 なおニッサン/ニスモの2021年のモータースポーツ活動は後日発表される。

2021年 スーパーGT GT500クラス ニッサン系チーム陣容

総監督:松村基宏

No. Team Director Driver
3 NDDP RACING with B-MAX 田中利和 平手晃平/千代勝正
12 TEAM IMPUL 星野一義 平峰一貴/松下信治
23 NISMO 鈴木豊 松田次生/ロニー・クインタレッリ
24 KONDO RACING 近藤真彦 高星明誠/佐々木大樹

NDDP RACING with B-MAXの平手晃平/千代勝正
NDDP RACING with B-MAXの平手晃平/千代勝正
TEAM IMPULの平峰一貴/松下信治
TEAM IMPULの平峰一貴/松下信治
NISMOの松田次生/ロニー・クインタレッリ
NISMOの松田次生/ロニー・クインタレッリ
KONDO RACINGの高星明誠/佐々木大樹
KONDO RACINGの高星明誠/佐々木大樹