「R35GT-Rは1000馬力をどう活かすかがポイントか!?」名門が手がけたオールラウンド仕様が面白い!

「R35GT-Rは1000馬力をどう活かすかがポイントか!?」名門が手がけたオールラウンド仕様が面白い!

4.3Lで1050馬力を絞り出す強心臓!

速さと快適性の両立を狙うエンドレスのデモカー

このR35GT-Rは、神戸の名チューナー“エンドレス”がナンバー付きのストリートスペックに拘りながら開発を進めた1000psのチューンドだ。

HKSの大容量サージタンクが目を引くエンジンルーム。VR38DETT本体はHKSの4.3LキットとGT1000+タービンをセットしたフルチューンスペックで、最大ブースト圧1.9キロ時に1050psを発揮。燃料系も1200ccインジェクターや3基の295L/hフューエルポンプなど、ビッグパワーを安定して引き出すための強化が行われている。

足回りはエンドレスオリジナルのサーキットスペック車高調(F28kg/mm R24kg/mm)を軸にセットアップ。ホイールはトップシークレットのワイドボディキットをインストールした上で、前後に12Jプラス20のアドバンレーシングGTを投入。タイヤは335/20R20という超ワイドなフージャーDOTラジアルだ。

シートは運転席に抜群のホールド性を誇るレカロのプロレーサーRMSを導入。ストリート仕様というコンセプトを厳守し、ロールケージ等のボディ補強や軽量化などは一切無し。エアコンやオーディオも残された快適仕様だ。

ストリート然としたインテリアとは対照的に、エクステリアはオリジナルのフロントカーボンディフューザーやGTウイング等でアグレッシブに演出。ドレスアップ効果はもちろん、サーキット走行時に強烈なダウンフォースを発揮する構成だ。

このチューンドを鈴鹿サーキットで試乗した佐藤公哉選手は「乗ってみると、エンドレス杉野代表が狙ったストリートとサーキットの両立という意味がよく分かります。コントローラブルでバランスが良く、それでいて抜群に速いんですよ」と評価。

ベストタイムは2分7秒645。ストリート仕様としては異常な速さだが、この記録は圧倒的なパワーを扱いやすく制御しているセッティングや足回りのバランス等、細かいポイントがきっちりと煮詰められているからこそのもの。名門ならではのノウハウと技術力が詰め込まれているのだ。

●取材協力:エンドレス 神戸市西区岩岡町古郷字南場960-8 TEL:078-969-2555