トライアル世界選手権:HRCとトニー・ボウが3年間の契約延長。ワークスのレプソル・ホンダ・チームで参戦

2021年01月15日 プレスリリース

HRCとトニー・ボウ選手が3年間の契約延長に合意

 株式会社ホンダ・レーシング(以下、HRC)は、FIMトライアル世界選手権 TrialGPクラスに参戦している、トニー・ボウ(Toni Bou)選手(34歳 スペイン)との契約延長に合意し、2022年シーズンから3年間、ワークスチーム「レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)」より参戦することを発表しました。

 トニー・ボウ選手は、2003年よりトライアル世界選手権に参戦、2007年には「レプソル・モンテッサ・エイチアールシー(Repsol Montesa HRC)」に移籍し、HRCのワークスマシン「Montesa COTA 4RT」で初の世界チャンピオンを獲得しました。それ以降、2020年までに、14年連続14回のチャンピオンに輝いています。またトニー・ボウ選手は、人工セクションを走破する屋内競技であるXトライアル世界選手権でも、2007年から14年連続でチャンピオンを獲得しており、合わせて28連覇の偉業を更新中です。

トライアル世界選手権:トニー・ボウ(レプソル・ホンダ・チーム)の走り
トライアル世界選手権:トニー・ボウ(レプソル・ホンダ・チーム)の走り

■Repsol Honda Team トニー・ボウ選手

「私はこの契約更新にとても満足しています。私を信頼してくれたHondaに感謝します。素晴らしいチームであるとともに、素晴らしい絆で、私たちは多くの成功を収めてきました。このような困難な状況において、私に信頼を示してくれたことを誇りに思います。2022年以降の契約更新は、私のキャリアと、ここ数年一緒に行ってきた素晴らしい仕事に対する評価だと思います。私はこのチームにもっと何年も所属できることを願っています。ここは私の居場所ですから、何も変わらないことを願っています」

■株式会社ホンダ・レーシング(HRC) 代表取締役社長 野村欣滋(のむら よししげ)
「トニー・ボウ選手と、来年以降もRepsol Honda Teamで戦えることを大変うれしく思っています。この28連覇の偉業も決して簡単なものではなく、怪我に苦しみながらチャンピオンを獲得した年もあり、タイトルへの強い執着心がなせるものだと思います。プロフェッショナルライダーとして、長年にわたり心技体(精神面、技術面、体力面)を、高いレベルで維持し続けることは並大抵のことでなく、改めて心から敬意を表したいと思います。HRCは、これからも彼が連覇できるように、マシン、チーム運営等で最大限のサポートをしていきます」