1000万円を切ったEVのe-tron50 クワトロを、東京・青山にオープンした次世代ブランドストアで発表【新車・アウディe-tron50クワトロ】

■2021年のアウディは主力のA3をはじめBEVの最高峰モデルを導入し、躍進を目指す

2021年1月13日、アウディジャパンは1月14日~5月末まで期間限定でオープンする次世代ブランドストアの「Audi House of Progress Tokyo」で2021年の年頭記者会見を行うと同時に、BEVの第二弾となるアウディe-tron 50クワトロを発表しました。

アウディe-tron外観02
発表されたばかりのe-tronとフィリップ・ノアック代表取締役社長。

年頭の記者会見では、フィリップ・ノアック代表取締役社長から2020年の商況が発表されました。

コロナ禍にもかかわらず、2020年のグローバルセールスは対前年比マイナス8.3%の169万2773台で、多くのブランドがマイナス15%となっている中で踏みとどまりました。

一方、日本国内の販売台数は2万2304台で、対前年比マイナス8%となっています。2020年前半は2000台近いマイナスとなりましたが、後半は2019年を上回り、リカバリーしています。

日本市場で最も人気が高いのはA3ファミリーで約21.5%。次いでQ2の18.5%、そしてQ3ファミリーの11.8%となっています。中でもQ3ファミリーは2020年にフルモデルチェンジを行い、2021年さらに販売台数が伸びそうですし、主力モデルのA4もマイナーチェンジしたので、さらなる台数の上積みが期待できそうです。

2021年導入モデル01
ニューアウディA3スポーツバックのフロントスタイル。

そして2021年に発売予定の車種が発表されました。まずは日本市場で最も販売台数の多いアウディA3スポーツバック、A3セダンがフルモデルチェンジを行います。2021年後半には人気の高いSUVの中で、Q5がマイナーチェンジを行い、さらにQ5スポーツバックを追加。そしてQ2のマイナーチェンジも予定されています。

そしてBEVの最高峰となるアウディe-tron GTの導入も予定されています。今年のアウディは“躍”という文字をキャッチフレーズに躍進していくことでしょう。

2021年導入モデル02
ニューアウディA3セダンのフロントスタイル。
2021年導入モデル03
ニューアウディQ5のフロントスタイル。
2021年導入モデル04
ニューアウディQ2のフロントスタイル。
2021年導入モデル05
ニューアウディQ5スポーツバックのフロントスタイル。


●早くもBEVの第二弾を導入!

アウディe-tron外観03
アウディe-tron50クワトロのフロントスタイル。

記者会見と同時に発表されたBEVのアウディe-tron 50クワトロは、e-tronスポーツバック55に続く第二弾のSUVとなります。

e-tron50スポーツバッククワトロはクーペ調のルーフラインが特徴ですが、e-tron50クワトロはSUVらしいルーフラインを採用し、高いユーティリティ性能が特徴となります。荷室容量はスポーツバックの616Lから660Lへと拡大しています。

アウディe-tron外観04
アウディe-tron50クワトロのリアスタイル。

搭載しているパワートレインのシステム出力は最高出力230kW・最大トルク540Nmを発生。電池容量は71kWhで満充電時の航続走行距離は316km(スポーツバックは318km)となっています。車両重量はそれぞれ2400kg・2410kgと、e-tron55スポーツバックより150kg以上軽量となっており、0-100km/h加速は6.8秒というパフォーマンスを発揮します。

車両本体価格は933万~1143万円で、ベーシックモデルのe-tron50クワトロは1000万円を切った価格設定となっています。また、e-tron50は約30万円の減税メリットがあるうえ、クリーンエネルギー自動車導入事業補助金(e-tron:23.2万円、e-tronスポークバック50:23.6万円)も受けられます。

アウディショールーム01
5月末までの期間限定でオープンするAudi House of Progress Tokyoの外観。

記者会見とe-tron50が発表された「Audi House of Progress Tokyo」は今後、全世界で展開される新しいブランドストアです。ここでは、アウディブランドの歴史や哲学、アウディモデルのデザインに込められた想いなどを、まったく新しい方法で体験することができます。

アウディショールーム04
ショールームの地下にあるコンテンツの一つで、指を差すとその言葉に関連したアウディの未来へのメッセージを聞くことができる。

プロジェクションマッピングとジェスチャーコントロールを組み合わせ、拡張現実(AR)のように本を読む体験や、壁に書かれたワードを指さすと、その位置をセンサーで検知し、その言葉に関連してアウディからの未来へ向けたメッセージが紹介されるアトラクション、そしてクルマの三次元模型に、プロジェクションマッピングでデザイン哲学を表現するなど、最新の表現方法と、タッチレスのインターフェイスを駆使したものとなっています。

アウディショールーム05
拡張現実で本を読む体験ができるアトラクションを設置。
アウディショールーム06
クルマの三次元模型にプロジェクションマッピングでデザイン哲学を紹介されるアトラクションもある。
アウディショールーム02
1Fに展示されているアウディQ4スポーツバックe-tron クワトロコンセプト。
アウディショールーム03
Q4スポーツバックe-tron クワトロコンセプトのリアスタイル。

2階にはラウンジがあり、1階にはコンセプトカーを展示するスペースがあり、現在はアウディQ4スポーツバックe-tronコンセプトを展示しています。このモデルも10~18ヵ月以内に導入する予定となっています。

このAudi House of Progress Tokyoではe-tronをはじめ、ハイパフォーマンスモデルのRSモデルなど最新モデルの試乗も行うことができるので、詳しくはウェブサイトで確認してください。

(文:萩原 文博/写真:萩原文博・アウディジャパン)