SF:カルデロンとThreeBond Drago CORSEが2年目の挑戦へ「自信と信頼関係をもって臨める」

 1月15日、ホンダは2021年のモータースポーツ参戦体制について発表したが、これをうけて全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するThreeBond Drago CORSEは、2021年もスーパーフォーミュラにコロンビア人ドライバーのタチアナ・カルデロンとともに挑むと発表した。

 2020年からスーパーフォーミュラに参戦しているThreeBond Drago CORSEは。ひさびさの国内トップカテゴリーでの女性ドライバー参戦となるカルデロンとともにシーズンに臨んだ。ただ、第1戦もてぎこそカルデロンの参戦が実現したものの、第2戦、第3戦はカルデロンのヨーロッパでのレース参戦や日本再入国の際の隔離などもあり、塚越広大が代役を務めた。

 そんな塚越の貢献もあり、シーズン後半は速さを増していたThreeBond Drago CORSEとカルデロン。最終戦富士や、それに続く合同テスト/ルーキードライバーテストでは、ライバルたちも大いに警戒するスピードを発揮していた。

 2021年も継続してスーパーフォーミュラに参戦することになったカルデロンは、新シーズンに向けて「まずは新型コロナウイルス禍が一日でも早く終息することを心から願っています。この状況下で、ふたたびThreeBond Drago CORSEから参戦できることに非常に嬉しく思います」とコメントを残した。

「昨年の経験から日本の文化にも触れ、チームと高いコミュニケーションが図れたことで、自信と信頼関係をもってシーズンに臨めると感じています。私にとってファミリーのようなチームと、温かいファンの皆さまの前で、同シリーズを戦えることに感謝しています」

「私も最大限の準備をしますので、日本の皆さま、サーキットでふたたびお会いしましょう。Hasta muy pronto!(スペイン語で『また近いうちに会いましょう』の意)」

 また、今季もスーパーフォーミュラに挑む道上龍監督は「今シーズンもタチアナ選手を起用することになり大変嬉しく思います」とコメントした。

「昨シーズンは全戦出場が叶いませんでしたが、印象に残る走りをみせ、女性でも国内トップカテゴリーで互角に戦えることを証明してくれました。今年も彼女とともに戦えることになり、さらに期待が高まっています。また彼女もチームも参戦2年目、さらなる高みを目指し頑張りますので、ファンの皆さま、サーキットでお会いしましょう」

 ひとたびコクピットを下りれば、いつも笑顔を絶やさず日本とスーパーフォーミュラ、そしてThreeBond Drago CORSEに溶けこんできたカルデロン。2021年、さらにファンを驚かせる走りをみせてくれるはずだ。

2020年スーパーフォーミュラ第7戦富士 タチアナ・カルデロン(Threebond Drago CORSE)
2020年スーパーフォーミュラ第7戦富士 タチアナ・カルデロン(Threebond Drago CORSE)