ヒュンダイ、i20クーペWRCの2021年カラーリングを発表。新形状のカナード装着

 1月15日、ヒュンダイ・モータースポーツは2021年シーズンのWRC世界ラリー選手権を戦うヒュンダイi20クーペWRC 2021年仕様を発表し、モディファイされた新しいカラーリングを初公開した。

 現行WRカー規定のラストイヤーとなる今季、マニュファクチャラーズタイトルの防衛とドライバー/コドライバーチャンピオンの獲得を目指すヒュンダイ。同陣営はすでに2021年シーズンを戦うドライバーラインアップを発表しており、全戦にフル参戦するレギュラードライバーにティエリー・ヌービルとオット・タナクを指名した。

 また、昨シーズンのタイトル獲得に大きく貢献したダニ・ソルドとクレイグ・ブリーンの2名を、3台目のヒュンダイi20クーペWRCに交代で搭乗させるとしている。今月21日に開幕する第1戦モンテカルロにはソルドが出場予定だ。

 なお、ヒュンダイで8シーズン目を迎えようとしているヌービルは開幕戦直前というこのタイミングで、長年にわたって共闘してきたニコラス・ギルソウルとのコンビを解消するという驚きの発表を行った。32歳のベルギー人は、4歳年下で同郷のマルティン・ウィダーグを後任に指名し、今シーズンを戦っていくという。

 そんなヌービルらが乗り込む2021年仕様のマシンが15日に発表され、新しいカラーリングに彩られたヒュンダイi20クーペWRCが初公開された。
 
 2021年仕様のリバリーは昨シーズンのカラーリングを継承しつつ、ボンネットの先端や、左右のテールランプの間をつなぐラインなど各部に手が加えられ、レッドの面積がやや拡大している印象だ。今季からピレリタイヤが装着されるホイールはブラックとレッドの前後関係が入れ替わった。

 また、エアロパーツでは新形状のフロントカナードに注目。ヒュンダイi20クーペWRCは昨シーズン途中にアップデートを受け、フロントフェンダー上部の整流板やリヤウイング、リヤフェンダー後部の処理などの改良が行われ、そのなかでフロントカナードも1枚から2枚に増やされている。

 今回発表された2021年仕様ではそのカナードの形が大きく変わっており、下段については外側が衝立のように反り立つ形状となった。また、上段は外側にスリットが入れられ、これを部分的に重ね合わせることでルーバー状の処理がなされている。

ヒュンダイi20クーペWRC 2021仕様
ヒュンダイi20クーペWRC 2021仕様
ヒュンダイi20クーペWRC 2021仕様
ヒュンダイi20クーペWRC 2021仕様
ヒュンダイi20クーペWRC 2021仕様
ヒュンダイi20クーペWRC 2021仕様
ヒュンダイi20クーペWRC 2021仕様
ヒュンダイi20クーペWRC 2021仕様
上段のルーバー外側がルーバー状になっている
上段のカナード外側がルーバー状になっている
ヒュンダイi20クーペWRC 2021仕様
ヒュンダイi20クーペWRC 2021仕様