ダカールラリー:トヨタ、アル-アティヤが総合2位。3台のハイラックスが完走果たす

 1月15日、全13日間にわたって争われた第43回ダカールラリー2021がゴールを迎えた。4台のトヨタ・ハイラックスを投入してこの過酷なラリーに挑んだTOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、ナッサー・アル-アティヤ/マシュー・ボーメル組が最終ステージまで優勝を争い同ステージ2番手、総合2位という成績でフィニッシュした。また、チームメイトのジニエル・ドゥビリエ/アレックス・ハロ組も苦戦を強いられながら総合8位でラリーを走破。TGRのハイラックスは2台がトップ10フィニッシュを果たしている。

 中東サウジアラビアを舞台に全12ステージ、約4400kmの競技区間(SS)で争われた2021年のダカールラリー。2年ぶり、2度目の総合優勝を目指してこのラリーに参戦したTGRでは、チームのエースであるアル-アティヤがラリー序盤から上位に進出し、ライバル陣営のドライバーたちと優勝争いを繰り広げていく。

 2019年王者であるこのカタール人ドライバーは今大会、3ステージ連続を含む計5回のSS優勝を達成。僚友ドゥビリエやプライベーターも含めると、トヨタ・ハイラックスは全12ステージ中8つのステージで優勝を飾り、そのスピードを発揮した。

 しかしその一方、今大会ではロードブックのルール改正があったことでナビゲーションの難易度が上昇したほか、タイヤのトラブルが相次ぎトヨタ勢もこれらに苦戦することに。ステージ5では、ルーキーながら総合4番手につけ好調をアピールしていたヘンク・ラテガン/ブレット・カミングス組が走行ラインを外して転倒。ラテガンが肩を負傷しリタイアを余儀なくされる。

 総合8位フィニッシュとなったドゥビリエは毎日のようにパンクに見舞われるだけでなく、首に痛みが出るなどフィジカル面でのトラブルも発生したが、彼はベテランらしい粘りの走りでタイムロスを最小限に留めた。

 シャミア・バリアワ/デニス・マーフィ組は、ラリー前半はなかなかペースが上がらなかったが、後半戦に入るとコンスタントにトップ20以内でステージを終えることが可能となり、フィニッシュが近づくにつれて徐々にポジションアップ。最終的に総合21位で完走を果たしている。

 今大会最多、プロローグを含め6度のステージ優勝を飾ったアル-アティヤは競技3日目に総合2番手に浮上すると、優勝したステファン・ペテランセル(ジョン・クーパー・ワークス・バギー)との一騎打ちに。両者のギャップは一時4分を切るまでに接近したものの終盤にその差が開き、結局そのままの順位で決着。“砂漠の王”ことアル-アティヤは2大会連続で総合2位となった。

 総走行距離7646kmにも及んだ過酷なラリーを戦い終えたTGRのグリン・ホール代表は次のように語っている。

「初めにレース中の事故により亡くなられたピエール・シェルパン選手のご家族とご友人に、TOYOTA GAZOO Racingを代表してお悔やみを申し上げます。彼の死はレースを戦うすべての競技者が危険と隣り合わせだということを改めて我々に認識させてくれました。が、彼のスピリットはダカールのようなラリーレイドでの戦いと冒険に挑み続ける競技者の中に生き続けていきます」

ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
シャミア・バリアワ(トヨタ・ハイラックス)
シャミア・バリアワ(トヨタ・ハイラックス)
ナッサー・アル-アティヤ(トヨタ・ハイラックス)
ナッサー・アル-アティヤ(トヨタ・ハイラックス)

■アル-アティヤ「チームを誇りに思い、感謝している」

「今年のダカールラリーでは、多くのステージ優勝を獲得することができた」とホール氏は続けた。

「今回成し遂げたことすべてを誇りに思うし、ナッサーとマシューのファイティングスピリットと粘り強さには、感謝してもしきれない」

「同様に、ジニエルとアレックス、シャミアとデニスも決して諦めることなく、タフなハイラックスとともに限界まで戦い続けてくれた。残念ながら勝利には届かなかったが、我々は最後まで勇敢に戦い続けた。彼らを本当に誇らしく思う」

 この他、TOYOTA GAZOO Racing ダカール2021参戦ドライバーのコメントは以下のとおりだ。

■ナッサー・アル-アティヤ(No.301)

「ハイラックスとともに、四輪駆動車での最高位でフィニッシュできたのは素晴らしい結果だ。これはハードワークを続けてくれたTOYOTA GAZOO Racingチーム全員の努力の賜物で、彼らを誇りに思うとともに、とても感謝している」

■ジニエル・ドゥビリエ(No.304)

「ダカールラリー2021は我々にとっては残念な結果となった。本大会では、スタートからなかなか思うようにいかなかった」

「我々は最終日の今日の1回含め、合計24回のパンクに見舞われ、ナビゲーションでも何度か問題を抱えてしまった。また、あるときはドライブシャフトの破損にも見舞われ、大きくタイムを失った」

「とても厳しいラリーだったが、ダカールラリーを最後まで走り切れたのは良かったと思う。我々は決して諦めず、ハイラックスという素晴らしい車両で最後まで戦い続けた。ナッサーがステージ5勝、我々が1勝を挙げたことでハイラックスの強さを証明できたと思う」

「ステファン(・ペテランセル)が通算14度目、4輪部門8度目のダカールラリー勝利という驚くべき記録を成し遂げたことを祝福する。来年ふたたび戦うために我々は帰ってくるよ」

■シャミア・バリアワ(No.330)

「まだまだ経験が足りなかった。12日間を振り返ると、浮き沈みの激しい戦いだった」

「スタートで問題を抱えたが、その後はプッシュを続けた。最終ステージでもパンクに見舞われましたけど、なんとか完走することができた」

「僕自身にとって2度目のダカールを完走できたことはとてもうれしいし、TOYOTA GAZOO Racingの一員としてそれを成し遂げられたのはさらに素晴らしいことだと思っているんだ」

ナッサー・アル-アティヤ(トヨタ・ハイラックス)
ナッサー・アル-アティヤ(トヨタ・ハイラックス)
シャミア・バリアワ(トヨタ・ハイラックス)
シャミア・バリアワ(トヨタ・ハイラックス)
ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)
ジニール・ドゥビリエ(トヨタ・ハイラックス)