ホンダ育成の岩佐歩夢がレッドブル・ジュニア入り。FIA-F3で好結果を出し「最終的にはF1チャンピオンを目指す」

 2020年フランスF4チャンピオン、岩佐歩夢が2021年にレッドブル若手ドライバー育成プログラムのメンバーになることが、1月15日、正式に発表された。

 15日のホンダのモータースポーツ参戦体制発表において、岩佐が育成ドライバーとしてハイテックGPからFIA-F3とF3アジアに参戦することが発表された。レッドブルは同日、岩佐を含む2021年レッドブル・ジュニア・チームのメンバーを発表した。同育成プログラムに所属した角田裕毅は、2020年にFIA-F2でランキング3位に入り、2021年アルファタウリ・ホンダと契約、F1デビューが決まっている。

 現在19歳の岩佐は、2019年のSRS-F(鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ)を首席で卒業し、2020年シーズンにフランスF4でタイトルを獲得した。

 岩佐はハイテックのウェブサイトにおいて、F3昇格について次のようにコメントしている。
「これから立ち向かうチャレンジが楽しみです。ハイテックからFIA-F3とF3アジアに参戦することにワクワクします。実績のあるチームなのでたくさんのことを学べるでしょう。いい結果を出し続けるために全力を尽くします」

 レッドブルのサイトにおいて岩佐は、最終的な目標は「F1世界チャンピオンになること」と明言している。

 岩佐以外のレッドブル・ジュニア・チームの公式メンバーは、F4からF3に昇格するジャック・クロフォード、ジョニー・エドガー、FIA-F2に参戦するユアン・ダルバラ、リアム・ローソン、ユーリ・ビップス。公式メンバー以外にサポートするドライバーとして、F3に参戦するデニス・ホーガー、ジャック・ドゥーハン、カートに参戦するアービッド・リンドブラッドも発表された。