サソリではなく“丑の年”を意味する20台限定モデル『アバルト695アンノ・デル・トーロ』登場

 イタリアの国民車、フィアット『500(チンクエチェント)』をベースに名門チューナー“Abarth(アバルト)”が、独自のエッセンスを加えて仕立て上げたハイパフォーマンスモデル『595 Competizione(595コンペティツィオーネ)』をベースに、大型リヤルーフスポイラーをはじめとする数々の特別装備を付加した限定車『695 Anno del Toro(695アンノ・デル・トーロ)』が登場した。1月14日より特設サイト(https://www.abarth.jp/limited/695-annodeltoro/)を通じて予約受付が開始されている。

 アバルトの往年のレースモデルにオマージュを捧げる限定車として誕生した『695アンノ・デル・トーロ』は、イタリア語で「丑の年」を表す「Anno del Toro」を車名に取り入れた20台限定の特別モデルで、モータースポーツに情熱を注いだ創設者、カルロ・アバルトの意志が惜しみなく注がれた1台となっている。

 エクステリアにおける最大の特徴は、走行中に車体を安定させる効果を生み出す大型のリヤルーフスポイラーで、その形状は『フィアット600』をベースとする1960年代のコンペティションモデル『フィアット・アバルト1000TCRベルリーナコルサ』にインスピレーションを受けたものだ。

 その形状も機能面も現代風の解釈が加えられ、ウイングの角度は最大60度まで調整可能で、速度域に応じてダウンフォースの強弱を設定できる。

 エンジンを含めたパワートレインは、最高出力180PSを誇る『595コンペティツィオーネ』の左ハンドル・5速マニュアルトランミッション仕様をベースとしており、諸元や装備もベース車に準拠。足回りには17インチ12スポークのアルミホイールを装着するとともに、フロントディファレンシャルにはコーナー立ち上がり時の加速性を向上させるメカニカルLSDが搭載されている。

 エクステリアカラーには限定車専用の“Blu Podio(ブルー)”を採用し、ルーフにはチェッカードパターンが施された。

 さらにオーバーフェンダーやサイドシルはグレーとし、コンペティションモデルの雰囲気を演出。また、前後のエンブレムやホイールセンターキャップ、ステアリングホイールにはビンテージタイプのロゴバッジが採用されるなど、往年の刺激的なモデルを思わせる演出がなされている。

 販売台数は20台限定となり、申し込みは販売店でなく特設サイト上のみでの受付に。応募多数の場合は抽選での購入権選定となり、価格は429万円(税込)となっている。

エクステリアカラーには限定車専用の”Blu Podio(ブルー)”を採用し、ルーフにはチェッカードパターンが施された
60年代のコンペティションモデル『フィアット・アバルト1000TCRベルリーナコルサ』にインスピレーションを受けた大型リヤルーフスポイラーを装備
足回りには17インチ12スポークのアルミホイールを装着するとともに、フロントディファレンシャルにはコーナー立ち上がり時の加速性を向上させるメカニカルLSDが搭載される
最高出力180PSを誇る『595 Competizione』の左ハンドル・5速マニュアルトランミッション仕様がベースとなる

『695 Anno del Toro』発売特設サイト:https://www.abarth.jp/limited/695-annodeltoro/