スーパーGT:スバル、BRZ GT300 2021プロトの走行ムービーを公開。2月に体制発表も

 1月15日、スバルはオンラインで開催されている『バーチャルオートサロン』の中で、2021年のスーパーGT GT300クラスに「参戦に向けて開発中」であるとされる、新型スバルBRZ GT300 2021(プロトタイプ)の走行動画を初公開した。

 このスバルBRZ GT300 2021は、2020年11月に発表された新型BRZのボディをベースとしているマシン。12月に富士スピードウェイで初走行を行ったとされており、SNSでの公開を経て、この日走行シーンがバーチャルオートサロン内で公開された。

 動画は35秒のものだが、非常にグラマラスなBRZ GT300 2021プロトタイプの姿、エキゾーストノートを知ることができる。スバルファン、スーパーGTファン必見のムービーと言えるだろう。視聴はバーチャルオートサロン(https://2021.virtualautosalon.jp)から東8ホールを選択し、スバルブースへ向かおう。例年の現実のオートサロンと同じ場所なので、慣れている人ならばすぐにたどり着けるはずだ。

 またスバルはこの日、2月22日(月)の13時から16時の間で、新型スバルBRZ GT300の2021年マシンカラーリング初公開、オンボード走行映像公開、2021年体制発表をオンラインで行うと発表した。詳細はSUBARU MOTORSPORT MAGAZINE(https://www.subaru-msm.com/)、SUBARU MOTORSPORT Twitter(https://twitter.com/subaru_sti_ms)で告知される。

新たに公開されたスバルBRZ GT300 2021プロトタイプの画像
新たに公開されたスバルBRZ GT300 2021プロトタイプの画像
新たに公開されたスバルBRZ GT300 2021プロトタイプの画像。井口卓人らしきヘルメットが見える。
新たに公開されたスバルBRZ GT300 2021プロトタイプの画像。井口卓人らしきヘルメットが見える。