スーパーGT:ホンダのGT300発表にDrago CORSEが記されずも……「参戦へ模索中」

 1月15日、ホンダが2021年のモータースポーツ体制について発表を行ったが、NSX GT3を使用するGT300クラスの発表では、TEAM UPGARAGE、そしてARTAという2チーム2台の発表となり、2018年、スーパーGTに初めてNSX GT3を投入したDrago CORSEの名前が記されなかった。では、2021年は活動を行わないのだろうか。チーム代表でもある道上龍によれば、現在参戦へ向けて模索中であるという。

 2000年のGT500クラスチャンピオンである道上率いるDrago CORSEは、2018年に日本で初めてホンダNSX GT3を導入すると、道上/大津弘樹のコンビでGT300クラスに参戦を開始。この年は第5戦富士の公式練習中、ZENT CERUMO LC500とのクラッシュで車両全損に見舞われるなど波乱のシーズンとなったが、鈴鹿10時間挑戦やオートポリスでの表彰台獲得など、初年度で結果を残し、2019年もコンスタントなポイント獲得、富士での表彰台獲得を果たしていた。

 2020年はGT500クラスに巣立った大津に代わってジェイク・パーソンズを起用し、序盤戦はポイント獲得を果たしていたDrago CORSEだったが、1月15日、ホンダから発表されたNSX GT3使用チームのGT300ラインアップには、Drago CORSEの名は記されていなかった。

 このシーズンオフ、Drago CORSEについては噂のレベルだが、スポンサーの影響か2021年シーズンはGT300の活動を一時休止するのではないか……という情報もあった。近年スーパーGTでは参戦のためには“枠”が必要になるが、そのなかで浮かんできた噂だった。

 ただ、道上にこの件について聞くと、「現段階で参戦へ向け模索中です」という返答があった。1月15日の発表には間に合わなかったにせよ、GT300参戦継続に向けてさまざまな活動を行っているという。

 新型コロナウイルス禍のなか、各チームともスポンサーについては苦しい状況も聞こえつつある。ポイント圏内を戦える強豪チームだけに、2021年もGT300のグリッドでその姿が見られることを期待したい。

34 Modulo Drago CORSE 道上龍/ジェイク・パーソンズ レーシングスーツ:スパルコ
道上龍/ジェイク・パーソンズ