水野涼、2021年はブリティッシュスーパーバイクに参戦。全日本ロードJSB1000やホンダのテストライダーを経験

 1月15日、ホンダは2021年Hondaモータースポーツ活動計画を発表した。このなかで全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスに参戦していた水野涼がブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)に参戦することが明らかになった。

 水野は2013年から全日本ロードJ-GP3クラスに参戦を開始し、2015年に5レース中3勝をマークしてJ-GP3チャンピオンに輝いた。また、MotoGP第15戦日本GPでMoto3クラスにワイルドカード参戦も経験した。

2015MotoGP第15戦日本GP Moto3クラス:水野涼(Musahi RT Harc-Pro)
2015MotoGP第15戦日本GP Moto3クラス:水野涼(Musahi RT Harc-Pro)

 2016年からはJ-GP2クラスにステップアップして、2017年に7戦中5勝を挙げチャンピオンとなり、MotoGP第15戦日本GPのMoto2クラスにワイルドカード参戦を果たした。

 そして2018年から最高峰クラスのJSB1000クラスに昇格して初年度はランキング11位、2年目は4位を獲得。2020年はホンダCBR1000RR SP2から新型のホンダCBR1000RR-Rに乗り換えてランキング4位となったが、全日本ロードの参戦と並行してホンダワークスのテストライダーも担当し、ファクトリー仕様のCBR1000RR-RやMotoGPマシンのRC213Vのテストをするポジションまで上り詰めた。

2020年全日本ロード JSB1000:水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)
2020年全日本ロード JSB1000:水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)

 しかし、12月11日にMuSASHi RT HARC-PRO.は水野がチームを卒業することを発表。そして今回、ホンダが2021年の体制発表を行ったことで、水野がHonda Racingからブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)に参戦することが明らかとなった。

 水野はホンダが新たな試みとしてスタートさせた、各国のロードレース選手権に出場するライダーのさらなるステップアップのサポートを目的とする『Honda Superbike Challenge Program』の一環としての挑戦するとなる。

 チームメイトは昨年BSBでランキング4位を獲得したグレン・アーウィンで、マシンはホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SPとなる。

 BSBに日本人ライダーが参戦するのは、2008~2009年と2012年を除き2004年から2016年まで長年参戦して2006、2007、2010年とBSB王者に3度輝いた清成龍一以来となる。

水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)/2020年全日本ロード第1戦SUGO
水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO.Honda)/2020年全日本ロード第1戦SUGO